ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

ユーゴスラヴィア

ナショナリズム=フットボール、木村元彦『悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記』

『誇り』に続く「旧ユーゴサッカー三部作」の第二弾 2000年刊行。木村元彦(ゆきひこ)の二作目の作品となる。 以前にエントリを書いた『誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡』の続篇的な作品である。後日刊行された『オシムの言葉』と併せて「旧ユーゴサッ…

米澤穂信『さよなら妖精』そして『花冠の日』非日常の希求と哲学的な意味

米澤穂信の出世作 米澤穂信の三作目。2004年刊行。東京創元社のミステリ・フロンティア枠で刊行された作品。2001年の『氷菓』、そして2002年の『愚者のエンドロール』から二年の沈黙を経て久々に出た新刊が本作である。2005年版の「このミス」では国内20位に…

1人のサッカー選手から見たユーゴスラヴィア内戦、木村元彦「誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡」

旧ユーゴスラヴィア本3冊目 誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫) 作者: 木村元彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2000/09/20 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 79回 この商品を含むブログ (47件) を見る 2000年刊行。1998年に出た単行本…

柴宜弘「ユーゴスラヴィア現代史」でユーゴ内戦を因縁から学ぶ

なんとなく、昨日に続いて旧ユーゴスラヴィアネタで攻めてみる。 旧ユーゴスラヴィア史を知るために ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書) 作者: 柴宜弘 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1996/05/20 メディア: 新書 購入: 8人 クリック: 82回 この商品を含…

広告代理店によって操作される世界世論、高木徹「ドキュメント戦争広告代理店」

NHKスペシャルをベースとしたノンフィクション作品 ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫) 作者: 高木徹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/06/15 メディア: 文庫 購入: 28人 クリック: 241回 この商品を含むブログ (167件)…