基本ネタバレありなので注意してね。
現在試行錯誤中につき、デザインころころ変わってます
しばらくしたら落ち着くと思うのでご容赦下さいませ

名作

あさのあつこ『バッテリーIII』オッサンたちの描写が好き

ようやく折り返しポイントに 月曜日なので今週も「バッテリー」シリーズの感想をお届け~。 バッテリーIII (角川文庫) 作者: あさのあつこ 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 教育画…

ゼナ・ヘンダースン『果てしなき旅路』ひっそりと暮らす異能の人々の物語

往年の名作、連作エスエフ短編集 果てしなき旅路 (ハヤカワ文庫 SF ヘ 8-1 ピープル・シリーズ) 作者: ゼナ・ヘンダースン,深町眞理子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1978/07 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (13件) を…

あさのあつこ「バッテリーII」現実の壁と見えてきた大人たちの世界

二作目からは中学生編 今週のお題「読書の秋」、あれ、今週のお題長くない?まあ、更新ネタになるのでありがたく使わせて頂くけど、、さて本日はこちら。当面は月曜日は「バッテリー」シリーズを毎週ご紹介していく予定。 教育画劇より1998年に刊行されてい…

有川浩の第二作品「空の中」は特撮マインド全開の会心作

二作目にしてハードカバーで登場 今週のお題「読書の秋」、本日はこちら。 2004年刊行。『塩の街』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞した有川浩の第二作が本書。電撃文庫デビューの作家が、なんと二作目でハードカバーで登場である。この作家のブレイク作品…

宮部みゆき「模倣犯」最後で明らかになるタイトルの意味に戦慄

2002年の「このミス」第一位作品 今週のお題「読書の秋」本日紹介するのはこちら。 模倣犯〈上〉 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2001/03/01 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 201回 この商品を含むブログ (180件) を見る 模倣犯〈…

山本譲司「累犯障害者」どうして障害者たちは犯罪を繰り返してしまうのか

服役した元代議士が見たものは 今週のお題「読書の秋」便乗シリーズ、本日はノンフィクション系からこちらを。 累犯障害者 (新潮文庫) 作者: 山本譲司 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/03/30 メディア: 文庫 購入: 22人 クリック: 332回 この商品を含…

森見登美彦の「四畳半神話大系」は鴨川デルタへの憧憬が募る傑作

『太陽の塔』と『夜は短し恋せよ乙女』をつなぐ作品 今週のお題「読書の秋」便乗企画、四冊目はこちら。 四畳半神話大系 (角川文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/09/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを…

あさのあつこ「バッテリー」高まる名作の予感

シリーズ累計発行部数1,000万部越えの超ベストセラー 今週のお題「読書の秋」に便乗して、本日は「バッテリー」全6巻のうち、一作目の感想を書いてみた。このエントリを書くために調べてみたけど、いつの間にかこの作品、シリーズ累計発行部数1,000万部突破…

秋山瑞人の二作目「鉄コミュニケイション」はノベライズの域を超えた傑作

電撃G's文庫から電撃文庫に移籍した作品 1998年刊行。鉄(くろがね)コミュニケイション。 最初は電撃文庫で、美少女系のノベライズなんかを専門に出していた電撃G's文庫から世に出ている。それがこちら。1巻なら表紙の左下、2巻なら表紙の右下にG'sのロゴが…

追憶の中の物語、トマス・H・クック「緋色の記憶」

アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)受賞作 緋色の記憶 (文春文庫) 作者: トマス・H.クック,Thomas H. Cook,鴻巣友季子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1998/03/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (39件) を見る 1998…

わたしたちの島の話、池上永一「バガージマヌパナス」がすごくいい

第六回日本ファンタジーノベル大賞受賞作 バガージマヌパナス 作者: 池上永一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1994/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る ちなみに同時に大賞を受賞したのがかの怪作『鉄塔 武蔵野線』@銀林みのる。この…

名作「イニシエーション・ラブ」を原作、映画版、オーディブル版で読み比べてみた

130万部も売れた大ベストセラー作品 本作を初めて読んだのは2005年頃。刊行から一年過ぎて評判になってからだからわりとミステリファンとしては食いつきは遅め。改めて調べてみたらこの作品130万部も売れてるんだねビックリ! 今回、映画版とオーディブル版…

サラ・ウォーターズの「半身」はヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台とした傑作ミステリ

2003年の翻訳ミステリ界を制した傑作だよ 半身 (創元推理文庫) 作者: サラウォーターズ,Sarah Waters,中村有希 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2003/05/24 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 38回 この商品を含むブログ (130件) を見る 2003年刊行。…

普通の人間がまっとうに生きていくことで生まれる感動、宮部みゆき「蒲生邸事件」

SFにしてミステリ、宮部みゆきの20年過ぎても色褪せない名作 蒲生邸事件 上 (文春文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/11/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 蒲生邸事件 下 (文春文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メー…

ベルンハルト・シュリンク「朗読者」誇り高きひとりの女の物語

映画「愛を読むひと」の原作小説、出来れば事前情報なしで読みたい 朗読者 (新潮文庫) 作者: ベルンハルトシュリンク,Bernhard Schlink,松永美穂 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/05/28 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 104回 この商品を含むブロ…

ビターな味わい吹奏楽部小説の名作、津原泰水「ブラバン」(バジリコ/新潮社)

1980年代の音楽部モノ小説 ブラバン 作者: 津原泰水 出版社/メーカー: バジリコ 発売日: 2006/09/20 メディア: 単行本 クリック: 29回 この商品を含むブログ (119件) を見る 昨日紹介した、古野まほろの「天帝のはしたなき果実」つながりで、次はこちらを。 …

ベニー松山のウィザードリー小説2作目「風よ龍に届いているか」(創土社)は傑作ファンタジー

「隣り合わせの灰と青春」に続く、ウィザードリー小説の2作目 風よ。龍に届いているか―小説ウィザードリィ〈2〉 作者: ベニー・松山,高橋政輝 出版社/メーカー: JICC出版局 発売日: 1994/08 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 今は亡きゲー…

ベニー松山「隣り合わせの灰と青春」(集英社/集英社スーパーファンタジー文庫)は今でも名作!

ゲームノベライズの先駆、ベニー松山のウィザードリー小説「隣り合わせの灰と青春」 隣り合わせの灰と青春―小説ウィザードリィ 作者: ベニー松山 出版社/メーカー: JICC出版局 発売日: 1988/11 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 4回 この商品を含むブロ…

宇月原晴明に外れなし「黎明に叛くもの」(中央公論新社)も期待にたがわぬ傑作

三冊めは松永久秀! 黎明に叛くもの (中公文庫) 作者: 宇月原晴明 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2006/07 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 21回 この商品を含むブログ (29件) を見る 2003年刊行。宇月原晴明三作目。美しい装丁に惚れ惚れ。この…

宇月原晴明、二作目は「聚楽 太閤の錬金窟」(新潮社)、こちらも快作にして怪作!

宇月原晴明の二作目は太閤秀吉と秀次 聚楽―太閤の錬金窟(グロッタ) (新潮文庫) 作者: 宇月原晴明 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/09 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (19件) を見る とりあえず、宇月原作品をしばらく…

「信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」(新潮社)宇月原晴明、衝撃のデビュー作

本日も宇月原晴明の素晴らしさを語る 信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫) 作者: 宇月原晴明 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2002/09/30 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 52回 この商品を含むブログ (48件) を見る 第11回日本ファンタジ…

宇月原晴明「安徳天皇漂海記」(中央公論新社)漂泊する安徳帝、その奇想に痺れる

宇月原晴明作品は素晴らしいよね! 安徳天皇漂海記 (中公文庫) 作者: 宇月原晴明 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2009/01/01 メディア: 文庫 クリック: 17回 この商品を含むブログ (29件) を見る 本日ご紹介するのは宇月原晴明の「安徳天皇漂海記」…