ネコショカ

夜20時更新。雑食系の書評Blogです。
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

荻原浩

『ハードボイルド・エッグ』荻原浩 フィリップ・マーロウに憧れて探偵稼業

荻原浩、最初期の作品 1999年刊行作品。荻原浩(おぎわらひろし)としては三作目の長編小説にして、初のミステリ作品である。以前に紹介した『コールドゲーム』同様に、ブレイク前の荻原浩作品だ。 2002年に双葉文庫版が登場。わたしが読んだのはこちら。 ハ…

いじめの傍観者は許されるのか?『コールドゲーム』荻原浩

ブレイク目前の荻原浩作品 2002年刊行作品。荻原浩としては七作目の作品。『明日の記憶』(2005年の本屋大賞第二位)でブレイクする前の作品ということになる。 単行本は講談社から刊行されていたが、なぜか文庫版は新潮社より2005年に登場している。 コール…