方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

写真集「秘境駅」(撮影:牛山隆信/栗原景)をGoogleMapで見てみる

4冊目も鉄道ネタ

秘境駅

秘境駅

 

だってエントリ書きやすいんだもん。

秘境駅とは、鉄道以外での到達が困難であり、周囲に民家や観光スポットの類も存在しない、何故に存在しているのかが不思議になる駅のことを指します。

鉄道でしかたどり着けない。クルマや徒歩ではたどり着けないなんて、、そんな駅あるのかよ!と思う方もいるかもしれないけど、コレが意外に存在するんですよね。

で、収録されていた26駅をMAP化したのがこちら。東日本は北海道地域と、大井川鐡道や飯田線にのみ掲載が集中しています。西日本は中国四国地方の山間部、九州は南九州地方に固まっている感じ。秘境駅の条件を考えると、こうして地域が限定されてくるのは致し方ないところですかね。

 

牛山さんの秘境駅へ行こう!は必見

筆者の一人、牛山隆信さんは全国数多の秘境駅を訪れ、ご自身のサイト「秘境駅へ行こう!」内で独自のランキングを公開しています。HP開設は1999年なので、なんと20年近く!この世界のパイオニアのような人で、数々の著作を持ち、映像メディアにも進出しています。鉄オタ的にはメチャ憧れる方ですね。

本作は秘境駅の写真集の体裁をとっており、文字情報は控えめ。枯淡の味わいを醸す秘境駅の美しさを余すところなく表現しています。

秘境駅のほとんどは、最初から秘境であったわけではなく、時代の変遷と共に世間の流れから隔絶され、次第に過疎化し、孤立していったものが多いわけですが、時の流れに取り残されたこれらの駅は、近年「秘境駅」として脚光を浴びるようになってきているものの、訪問時、最低限の敬意は忘れないようにしておきたいところですね。

※本のアプリ「Stand」に書いたテキストを加筆修正の上で掲載しています。