方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

安部龍太郎「関ヶ原連判状」上・下(新潮社/新潮文庫)

普通の感想も書くことにしました

当初は地図と絡めた書評だけアップしていくつもりだったのですが、この条件だと本を読んでもなかなか更新できず、せっかく作ったBlogを放置しておくのもどうか思うので、過去に読んだ本含め、適宜、レビューをあげていくことに……。

読んでいただけている方(いるのか)、方針変わってしまってすみません。

スタイルがまだつかめていないので、落ち着くまでフォーマットもしばしば変わるかもですが、どうかご容赦を。

というわけで一冊目は安部龍太郎「関ヶ原連判状」を取り上げます。

あらすじ

天下分け目。戦国の総決算関ヶ原の決戦を前に、西軍にも東軍に与せず、独自の道を模索する男がいた。和歌の正統を受け継ぐ『古今伝授」を切り札に、謀略の限りを尽くして両巨頭に挑む細川幽斉。圧倒的な大軍を前に孤軍奮闘する幽斉。そして最後の切り札「連判状」とは……

主人公の薄さが……

関ヶ原合戦モノが大好きなわたしとしてはようやく読めた作品であります。しかし主人公が薄い。これだけの長編の看板背負って主役張るにはキャラが弱すぎます。だいたいなんで幽斉はこれほどの大事を家中の人間でもない一傭兵に託すのか、作劇上の都合とはいえ、もちっと納得のいく設定を考えて欲しかった。古今伝授を関ヶ原に絡めるってのも秀逸で期待していたのに、なんだかなあな展開。連判状のオチもがっかり。事破れても恬淡としてんなよ>幽斉。ヒロインも弱いなあ2人とも。