方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

図像学×ミステリの面白さ。飛鳥部勝則「殉教カテリナ車輪 」

飛鳥部勝則の第一作品

殉教カテリナ車輪 (創元推理文庫)

殉教カテリナ車輪 (創元推理文庫)

 

第九回鮎川哲也賞受賞作品。飛鳥部勝則の処女作品。1998年に刊行された作品の文庫版。宝島社の99年版「このミステリーがすごい!」では国内部門の12位にランクインしている。

あらすじ

数年の間に五百を超える作品を描き上げ、そして自ら命を絶った孤高の画家東条寺桂。ほとんどが散逸してしまった東条寺の作品を追い求め、学芸員・矢部直樹は関係者を訪ね歩く。ようやく目にすることが出来た大作「殉教」「車輪」の二作には二十年前の二重密室殺人の真相が隠されていた。東条寺が絵に塗り込めた事件の真相とは。

図像学(イコノグラフィー)×ミステリという魅力的な切り口

その昔、東京八重洲にあるブリジストン美術館で開催されていた「聖書と神話の図像学展」なる展覧会に行ったことがある。図像学(イコノグラフィー)とは美術作品の表現に関して、その中に込められたイメージの原典や意味について研究していく学問のこと。ある種の西洋絵画を読み解くには、聖書や西洋神話についての知識を持つことがとても意義のあるということがよくわかる実に面白い展示内容だった。

この図像学をミステリの世界に取り込んだのが本作で、その発想だけでもスマッシュヒットなんだけど、実際にネタとなる絵を自分で描いてしまっているところがこの作者の更にすごいところ。表紙をめくっていきなり飛び込んでくる流麗な口絵の数々に、読者のワクワク感は高まる。ミステリとしても地味ながらしっかりした造りで、密室のトリックはちと無理矢理な部分はあるにせよ十分許せる範疇。しんみりしたラストがセツナイ。