方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

ベルンハルト・シュリンク「朗読者」誇り高きひとりの女の物語

映画「愛を読むひと」の原作小説、出来れば事前情報なしで読みたい

朗読者 (新潮文庫)

朗読者 (新潮文庫)

 

1995年刊行。ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクによる小説作品。日本版は2000年刊行で、新潮文庫版が2003年に出ている。

その後、映画化され、邦題「愛を読むひと」として日本でも上映されている。小説自体も当時かなり話題になったし、映画にもなっているので比較的、ストーリー的にもよく知られている作品なのではないかしらん。

愛を読むひと(字幕版)

愛を読むひと(字幕版)

 

読む前の予備知識は「泣ける恋愛小説」。その程度の前情報だけでこの本を読めて本当に良かったと思う。評論という名のネタバレ情報が新聞や雑誌にあふれている。この本読みたいヒトは絶対その手の書評は読まないように。絶対後悔する。

あらすじ

15歳の少年ミヒャエルは親子程年の離れた女性ハンナに恋をした。日ごと彼女の部屋を訪れるミヒャエルだったが、何故かそのたびに彼女は本を朗読して聞かせることを要求するのだった。しかしいつまでも続くかに見えたふたりの時間は唐突に終りを迎える。何の前触れもなく彼女は失踪してしまったのだ。そして数年後。大学生となったミヒャエルは思い掛けない場所でハンナに再会することになる。

罪と罰の物語

フツウの泣ける系恋愛小説だと思って読みはじめた。そういう話嫌いじゃないし。年上の女性に対する憧憬。夢のような愛欲の日々とか。少年時代の輝かしくも哀しい恋の顛末を甘酸っぱく描いた秀作、、、なのかなと。

でも全然違った。反省してます。なるほどねえそう来るんだ。誇り高きひとりの女の贖罪の物語だった。ハンナが背負ってきたある過去とある秘密。「あなたならどうしますか」というあまりに重い問いには誰もが絶句するしかないだろう。

付き合っていた女の子の事を何年か経って思い出してみると、何故か妙な場面ばかり覚えている主人公。「ああ、あるある」そういうのあるよね。もちろん恋愛小説としても秀逸です。

努めて感情を抑えた筆致で綴られていく彼女の過去と秘密。書斎に立ち尽くすハンナの姿。ハンナの手紙。すべての朗読者たち。読後何年経っても、なお余韻を引っ張る作品というのもなかなかない。もう一度読もうかな。