ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

歌野晶午の初期作品『ROMMY 越境者の夢』


歌野晶午が新しい作風にチャレンジし始めたころの作品

1995年作品。最初は講談社ノベルスから登場。

『長い家の殺人』『白い家の殺人』『動く家の殺人』などの一連の信濃譲二シリーズで、新本格ムーブメントを担う一人としてデビューしたこの作家が、微妙に作風に変化をもたせ始めた頃の作品。

個人的には、2003年の『葉桜の季節に君を想うということ』での再ブレイクに繋がっていく流れの中の一作と位置付けている。

文庫版は1998年刊行。

ROMMY (講談社文庫)

ROMMY (講談社文庫)

 

その後、なんと13年も経ってから文庫の新装版が登場した。けっこう息の長い作品となっている。

新装版 ROMMY 越境者の夢 (講談社文庫)

新装版 ROMMY 越境者の夢 (講談社文庫)

 

あらすじ

稀代のカリスマシンガーROMMYは死んだ。突如として現れ、瞬く間にスターダムにのし上がったROMMY。しかし彼女の経歴とプライベートは謎に包まれたままだった。大物ロックミュージシャン、フランク・マーティンとの共演を目前に控えたその日、何故彼女は死ななくてはならなかったのか。伝説の始まり、そして終焉に至るまでを綴る。

「人間を描く」ことに注力した一作

最初期作品の信濃譲二シリーズでは、典型的な「人間が描けてない」系の作家だった歌野晶午が、なんとか魅力的なキャラクターを作りだそうと試行錯誤しているのがよく判る。本格テイストは一見あるように見えて実は皆無。叙述系のトリックなのかと思わせた部分も、意外にひねりがなくそのまんまで肩すかし。ミステリというよりは、天才歌手ROMMYの生涯をいかに魅力的に描いていくかに、全てを賭けた作品だった。

ROMMYのキャラクタ造形は良かったと思う。問題は「彼」の方で、そこまでの犯罪行為をさせるには掘り下げが甘かったかな、と。しかし、「彼」はあんなことをしでかした後で、無事に本来の夢を叶えることが出来たのだろうか。結果として宣伝にはなったと思うけど、怖くて誰も仕事を頼む気にはなれないと思うのだけど。でもまあ、それでもROMMYの遺作を手がけることが出来れば本望なのだろう。

ちなみに、何故か文庫版ではサブタイトルが「越境者の夢」に改題されている。これは作中に出てくるROMMYのラストアルバムのタイトルなのだが、本作の内容を象徴する言葉なのであえて変更したのだろう。これは納得。