ネコショカ

小説以外は別Blogにしました!
新書・実用書感想Blogビズショカ始めました

わざわざ行きたい!旅をしてでも行きたい!『街の本屋さん』310書店をマップ化!


f:id:nununi:20210516174408p:plain

今週のお題「やる気が出ない」に便乗。

各地で緊急事態宣言が発令されている中、テンションダダ落ちの方も多いであろう。

そんな時に知って頂きたいのが、全国各地のユニークな書店の数々である。コロナ禍でいますぐお出かけ!というわけにはいかないだろうが、マップを眺めてみるだけでも楽しいはず!あなたのお住まいの近くも、ステキな書店があるかもしれない。

『街の本屋さん』掲載310書店をマップ化!

今回は株式会社G.B.から刊行されている『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』掲載の店舗、そして『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』掲載の店舗をGoogleマップのマイマップ機能を使ってマップ化してみた。

日本全国を対象としたマップなので地図の倍率が大きすぎるのだが、ご自身の近所にまで拡大してご覧頂きたい。あなたのお気に入りのお店は入っているだろうか。

ちなみに、どうしたことか宮崎県と鹿児島県はチョイスゼロである。最初にお詫びしておく。ごめんなさい。

アイコンの色は以下に対応している。

  • オレンジ:『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』掲載店
  • グリーン:『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』掲載店
  • ブルー:『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』掲載「地元の大きな本屋さん」
  • パープル:『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』掲載の宿泊可能な店

残念ながら既に閉店している店舗があり(1割近くもある!)、そちらはコメント欄に「閉店」と追記してある。移転している場合も出来る限り移転後の位置をマッピングしているが、漏れがあった場合はご容赦を(コメント欄か、Twitter経由でお知らせ頂ければ修正します)。

 

続いて、マップの元となった二冊のガイドブックを紹介しよう。各書店の具体的な魅力は、是非書籍を手に取って確認して頂きたい。

『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』

2017年刊行。筆者の和氣正幸(わきまさゆき)は1985年生まれ。小さな書店の魅力を伝える活動「BOOK SHOP LOVER」を継続しており、その成果が結実したものが本書と言える。

東京 わざわざ行きたい街の本屋さん

『東京わざわざ行きたい街の本屋さん』では、東京都内(23区内多め)のおススメ書店130軒が紹介されている。地域ごとの分類で、荻窪・西荻窪、谷中・根津・千駄木、高円寺・阿佐ヶ谷・中野、吉祥・三鷹、清澄白河、池袋、神保町、表参道、明治神宮前、代々木八幡、渋谷、恵比寿、新宿、神楽坂、銀座・有楽町、その他といったセグメントになっている。

新刊書店、古本書店にこだわらず特徴のある素敵な書店を取り上げていくスタイル。各店舗の写真やアクセス、営業時間などが記載されている。

また、諸般の事情からマップには掲載することが出来なかった書店がある。

マップ掲載不可店舗の一つ目。移動する本屋さん「BOOK TRUCK」。出店場所が一か所に決まっていないので当然マッピングが出来ない。この書店の情報はショップさんのページにてご確認頂きたい。

マップ掲載不可店舗の二つ目は謎のエア本屋さん「いか文庫」である。こちらは店舗も在庫も持たない架空の書店である。

東京 わざわざ行きたい街の本屋さん

東京 わざわざ行きたい街の本屋さん

  • 作者:和氣正幸
  • 発売日: 2017/06/20
  • メディア: 単行本
 

『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』

 『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』は好評であったのだろう。翌2018年に全国版となる『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』が登場している。収録店舗数は150軒以上。

対象が全国なので一人のライターで書くのが無理があったのだろう。関東地方は引き続き和氣正幸が担当し、それ以外の地域は地元のライターが執筆を分担している。

全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん

日本各地を北海道・東北、関東、中部、関西、中国・四国、九州・沖縄の6つのブロックに分けて紹介している。

特徴的なのは「地元の大きな本屋さん」も取り扱っている点である。地元民であれば誰でも知っている地域一番店は、旅行者にとってもありがたい存在である。地域一番店は複数店存在する場合が多いので、本書では代表的な一店舗のみが紹介されている。各書店にとって推したい店が選ばれているようなので、どの店が選ばれているかも是非確認してみて頂きたい。

また、「本に囲まれた空間で宿泊できる」施設11か所紹介されているのも見逃せない。近年、大量の書籍を収蔵した宿泊施設が増えている。コロナ禍で現在は、なかなか遠出は難しいと思うが、いずれ状況が落ち着いた際には是非訪れてみたい。

なお、『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』でもマップ掲載不可店舗がある。

「杣Books」はなんと林業従事者の方が、登山をした山頂で適宜開催されるレアな書店である。これは狙っていかないと絶対に出会えない。幻の書店と呼べるだろう。

書籍マップ記事はこちらもおススメ!

過去に作った書店マップではこんなのもアリ。こちらは「BRUTUS」の2019/11/1号の特集掲載店舗をまとめている。