ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

『東京の地霊(ゲニウス・ロキ)』鈴木博之 歴史的因縁が土地にもたらすもの


サントリー学芸賞受賞作品

筆者の鈴木博之(すずきひろゆき)は建築史家。東京大学や、青山大学の教授を歴任。東大の名誉教授にもなり、2014年に68歳で亡くなっている。

本作は1990年刊行。サントリーが主催する学術賞、サントリー学芸賞を受賞している。

東京の「地霊(ゲニウス・ロキ)」

東京の「地霊(ゲニウス・ロキ)」

 

文春文庫版は1998年に登場。

東京の「地霊(ゲニウス・ロキ)」 (文春文庫)

東京の「地霊(ゲニウス・ロキ)」 (文春文庫)

 

その後、2009年にちくま学芸文庫版が登場した。これなら最近でもまだ探せばあるかもしれない。わたしが読んだのもこちらの版。

東京の地霊(ゲニウス・ロキ) (ちくま学芸文庫)

内容はこんな感じ 

江戸幕府誕生時に鬼門除けとして設計された上野は、幕末に彰義隊最後の地となり、明治政府にとっても特別な場所となった。 大久保利通暗殺の地に作られた、紀尾井町司法研修所のその後。 昭和天皇の皇后の実家である、広尾の久邇宮邸が、後に聖心大学となり、平成天皇の妃となる方の学びの場となった話などなど……。土地にまつわる歴史的因縁が生み出す「地霊」の姿を読み解いていく。

地霊(ゲニウス・ロキ)とは?

本書で示す「地霊(ゲニウス・ロキ)」とは、その土地にかつて起きた神秘的、悲劇的な事情により、感性的な影響が残り、いつしかその場所そのものが、独自の精神を持つに至ったものとされている。

数奇な運命を辿った土地には、人々の想いが残り、その後の歴史に影響を与えていく。無論「そうでない例」も枚挙に暇はないのだろうが、いつまで経っても処分できない土地、悲劇的な事ばかり起きる因縁の地は確かにある。

無念の想いが籠る土地、いわくつきの場所には、誰しもが近付きたくない、関わりたくないと思うものだろう。遺された人々の怖れ、尊重の想い、鎮魂の念がこうした土地を作っていくのではないか。個人的にはそのように感じた。

GoogleMapで一覧にしてみた

で、本書に掲載されていた曰くつきの物件の数々をMap化してみたのがこちら。

うわー見にくい……。章ごとにアイコンをいちおう色分けしてみたけど、パッと見なんだかわからないという……。色彩のセンスが無いの致命的だな。

本書では東京だけでなく、神奈川県内や、関西地区の物件についても言及されているので、そちらも出来る限り拾っている。縮尺広げていくと関西方面の物件も出てくるので、興味がある方は試してみて頂きたい。

東京の地霊(ゲニウス・ロキ) (ちくま学芸文庫)

東京の地霊(ゲニウス・ロキ) (ちくま学芸文庫)