方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

サラ・ウォーターズの「半身」はヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台とした傑作ミステリ

2003年の翻訳ミステリ界を制した傑作だよ

半身 (創元推理文庫)

半身 (創元推理文庫)

 

2003年刊行。オリジナルは1999年にイギリスで出版されている。作者のサラ・ウォーターズはヴィクトリア期のイギリスを舞台とした作品を得意としており本作がデビュー二作目。このミス2004年版海外部門第一位。週刊文春の2003年傑作ミステリーベスト10でも第一位と2003年の翻訳ミステリ界を席巻した作品。

あらすじ

1874年の秋。イギリス。テムズ河畔にそびえるミルバンク監獄には様々な罪を犯した女たちが収監されていた。悪名高き刑務所を慰問に訪れたマーガレット・プライアは不思議な女囚に出逢った。19歳でありながら独特の雰囲気を身に纏い、他人を決して寄せ付けようとしないシライアにマーガレットは次第に魅せられていく。彼女の持つ恐るべき秘密とは。

どこに連れて行かれるかわからないワクワク感

サラ・ウォーターズは初体験だったので、どのような話を書く作家なのかまるで予想がつかなかった。ゴシックホラーなのか、サイコサスペンスなのか、はたまた正統派ミステリなのか、どこに連れて行かれるか判らない不安はたまらなく心地よかった。知らない作家を読む楽しみを久々に堪能出来た。翻訳モノはもう少し読む量増やさないとダメだな。

非常にゆったりとしたペースで物語は進行していく。人間関係がなかなか掴みにくかったり、過去の経緯が伏せられていたりと、しばらくは読んでいてもどかしい思いをさせられる。これで500頁近い大長編なので、気が短い読み手には向かないかもしれない。最初の200頁くらいは根性が必要。

ヴィクトリア朝時代のイギリスの描写がそそる

しかしヴィクトリア朝大好きな人間なので自分的にはまったく問題なし。陰々滅々としたミルバンク監獄の描写も素晴らしいし、19世紀末の人々の暮らしぶりが丹念に書き込まれているのも楽しい。そして霧と工場排煙に煙る街ロンドンがこれまたカッコイイ!メイドさんのいる生活が素晴らしいこともよく判った(違)。うちにも蒸気で服を暖めておいてくれるメイドさんが欲しいぞ。

怒涛の終盤に痺れよう!

この作品、とてもスローな滑り出しなんだけど、終盤が近づくにつれて展開の速度がもの凄い勢いで上がっていく。で、散々じらされた挙げ句に実はこの話、ラブロマンスでしたという何ですかそれという超絶展開がやってくる。本当なら絶句するところなのだが、騙されてちょっと感動しちゃったのは内緒。何だよこのどんでん返し!

まあ、もちろんそんなんで終わるわけはなくて、惨憺たる無残な暗転が最後には用意されている。ラスボスを読み切れなかった自分としては大ショック。絶対看守が親玉だと思っていたのに更に裏の裏を突いてこようとは……。「この世に不思議なものなどない」のだということをつくづく思い知らされた一冊だった。サラ・ウォーターズすごい。マジ名作である。