ネコショカ

小説以外は別ブログにしました!
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 「すべてが伏線」は伊達じゃない


三冠獲得!2019年を代表するミステリ作品

2019年刊行作品。作者の相沢沙呼(あいざわさこ)は1983年生まれ。デビュー作は鮎川哲也賞を受賞した『午前零時のサンドリヨン』。

年末に入り、ミステリ系の各賞が発表となったが、本稿執筆時点で以下のタイトルを獲得。見事三冠に輝いている。これが相沢沙呼の代表作になりそう。

「このミステリーがすごい!」2020年版国内篇 第一位
「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 第一位
「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリー

medium 霊媒探偵城塚翡翠

あらすじ

ミステリ作家香月史郎は、謎めいた女性、城塚翡翠に出逢う。彼女は死者の霊を降ろすことが出来る霊媒としての能力を持っていた。翡翠の力を借りて香月はさまざまな事件の解決に乗り出す。世間では、若い女性ばかりを狙う連続殺人気が徘徊しており、二人はいつしかこの事件にも巻き込まれていく。

お馴染みのミステリ的な要素がてんこ盛り

本作では、以下、四つのエピソードが収録されている。

第一話:泣き女の殺人
第二話:水鏡荘の殺人
第三話:女子高生連続絞殺事件
最終話:VSエリミネーター

各エピソードには、ダイイングメッセージや日常の謎、ミッシングリンク的な要素など、さまざまなミステリのガジェットが盛り込まれており、作者の旺盛なサービス精神を伺わせてくれる。

そして、第一話と第二話、そして第二話と第三話の中間にはインタールードが挿入され、最終的な事件である連続殺人犯の姿が描かれる。本作は連作短編の形式をとっており、最終話の連続殺人犯の謎に物語が収斂していく構造である。

霊媒師と推理作家が謎に挑む

ヒロインの城塚翡翠(じょうづかひすい)は霊媒師である。推理作家の香月史郎(こうげつしろう)は翡翠が霊媒の力に拠って知ることが出来た「正解」を元に推理を組み立てる。しかし、霊媒の証言は当然のことだが捜査上では証拠能力を持たない。

それ故に香月は、翡翠の「正解」を元に論理的な最適解を導き出さなくてはならない。答えは先にわかっていても、どうしてそうなるのかはキチンと証明する必要があるのだ。この前提条件がなかなか面白い。

違和感にどこまで気付けるか

本作を読み進めていくといくつかの違和感に気付く。

最初の違和感は、香月が翡翠の霊媒能力をあっさりと信じてしまったことである。初対面で、本来は知りえないはずの個人的な情報を披歴することで、相手の信頼を勝ち取るのは霊感商法の常套手段である。バンシーの涙のような現象を、通常の人間であればうかうかと信じたりはしないだろう。ここで翡翠には何か作為的な意図があるのではないか?やけにスピリチュアルに寛容な香月には何か事情があるのではないか?そんな疑問が浮かんでくるのである。

二つ目の違和感は香月視点での翡翠の描写である。ミステリ小説で、主人公視点による下心ありありのヒロイン描写はよく目にするものではある。魅力的な女性を前にして、男性が目のやり場に困ったり、心中で様々な妄想を繰り広げるのは不思議なことではない。

しかし、それにしても本作でのそれは、少々生々し過ぎる。香月の視点の気味の悪さが際立っていないだろうか。ハラスメント感すら覚えてしまう程である。よくある描写だろうと、スルーしてもいいのだが、それにしては少々行き過ぎている感がある。

また「霊媒探偵城塚翡翠」というサブタイトルに引っ掛かりを覚えないだろうか?この物語で謎を解いていくのは香月の方であり、翡翠は霊視を行うだけで推理はしない。城塚翡翠を探偵とするのは無理があるように思えるのだ。

それだけにいずれは探偵としての翡翠が描かれるのではないか?そう考える読み手もきっと少なからず存在したのではないだろうか?

城塚翡翠が示す「別解」

とか言いつつも結末は全く予想出来ていなかったわたくし(笑)。最終章はどんでん返しに次ぐどんでん返し。香月、翡翠共にその本来の姿を現すのである。

謎解き編では、翡翠による事件の「別解」が語られる。霊視によって明らかになっていたと思われた数々の「正解」が、実はきわめて論理的な思考により導き出せることが示されるのだ。香月へヒントを与えながらも、「別解」への手がかりもきちんと残しておく。一つひとつの事件に対して、全て二通りの解法を提示しているわけで、これは相当に手の込んだ仕掛けである。これはスゲー。

最近の版では変わってしまったけど、初期版の帯(冒頭の書影参照)では「すべて、が伏線。」とあるのだけどまさにその通り。本作は全編、各所に伏線が張り巡らされている。改めて見返すと、表紙イラストの翡翠はとても挑発的だよね。これ、中盤までのぶりっ子モードの翡翠が出せる表情ではない。

翡翠ちゃんが最高!という話

本性である、詐欺師モードに入ってからの翡翠ちゃん(ここからはちゃん付けである)は、とにかく素晴らしい。このオンナ煽る煽る。香月先生の煽り耐性の無さも相まって、美女に罵倒されたい向きには堪らない作品となっているのである。翡翠ちゃん最高すぎる!僅かながらも、香月への思慕を垣間見せる最後の描写もなかなか良い。

これは是非とも映像で見てみたくなった。映像映えしそうな作品なので、キャスティングはしっかりお願いしたいところである(←気が早い)。2019年、もっとも話題になったミステリ作品であろうから、十分その可能性はあるのではないだろうか。

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠

  • 作者:相沢沙呼
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: Kindle版