方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

1人のサッカー選手から見たユーゴスラヴィア内戦、木村元彦「誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡」

旧ユーゴスラヴィア本3冊目

誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)

誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)

 

2000年刊行。1998年に出た単行本の文庫版。2005年の『オシムの言葉』で一躍ベストセラー作家になった木村元彦のデビュー作。ちなみに元彦は「ゆきひこ」と読むらしい。サッカージャーナリストきってのユーゴ通が、ドラガン・ストイコビッチの人生を綴ったスポーツノンフィクション作品。

こんな内容です

日本ではJリーグの名古屋グランパスで活躍した、ピクシーこと、ドラガン・ストイコビッチは1965年生まれ。旧ユーゴスラヴィア(セルビア)出身。ラドニツキ・ニシェを経て、名門レッドスター・ベオグラードに移籍。ユーゴ代表でも活躍しイタリアワールドカップではベスト8に入る。順風満帆に見えた彼のサッカー人生だったが、祖国ユーゴスラヴィアの内紛が暗い影を落とす。屈辱のユーロ92出場権剥奪から、日本への移籍、そして引退に至るまでの足跡を辿る。

サッカーとユーゴ内戦

ストイコビッチは旧ユーゴの選手でセルビア人。ユーゴ関連の本を何冊か読んできたから判りやすいけど、セルビアはユーゴ紛争の当事国で一方的に悪者扱いされた挙げ句に国際政治的に惨敗した国だ。ユーゴへの制裁措置として、ユーロ92、ワールドカップアメリカ大会への参加権が剥奪される。最盛期のピクシーのプレイは国際大会で披露されることが無かったのだ。

筆者は実際にユーゴを訪問して取材を敢行しており、ユーゴ紛争の戦勝国であるクロアチアの豊かさ、敗戦国であるセルビアの貧しさをつぶさにレポートしている。瓦礫の山だらけの首都ベオグラードの惨状にはショックを受ける。ユーゴスラヴィア連邦の解体に併せて、イビチャ・オシムに率いられ史上最強と呼ばれたユーゴスラヴィア代表チームも崩壊を遂げていく。何のためらいもなく自国の代表チームを応援出来る自分の立場がいかに恵まれたモノであるかを痛感させられた。

本書ではストイコビッチの選手人生を青年期から引退直前まで取り扱っている。が、サッカー人生の前半部分レッドスター、マルセイユ時代についてはわりとあっさり。90年のイタリアワールドカップも描写は少なめ。グランパス移籍以降のエピソードがメインで、どうせなら日本に来る前の話が知りたかっただけにちょっとガッカリ。

しかしこの人、いくら治安が良くて給料が良かったとはいえ、1994年当時のJリーグに来てくれたよな。当時の映像をたまにネット見るけど、今見てもキレっキレっですごい。2000年以降のJファンとしては、この選手の活躍をリアルで見ることが出来なかったのが返す返すも残念。

なお、ユーゴスラヴィア本はこんなのも読んでるよ。

www.nununi.site

www.nununi.site