ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

普遍性があり、高い再現性を持つ『仕事の基礎力』を身に付けたい


コンサルタントが書いたビジネス本

2016年刊行。筆者の、田中耕比古(たがひこ)は商社系SE→アクセンチュア→独立というキャリアを持つ。

仕事の基礎力

大手某社の受託業務を請け負っていた際に、業務の進捗と品質を管理するために、コンサルタント会社が間に入ったことがある。経験されたことがある方は、わかっていただけるかもしれないが、彼らの仕事の速度はビックリするくらい早く、その質も嫌になるほど高い。20代の若者レベルでも、自社の若手社員とは雲泥の出来であるし、ましてやパートナークラスでは神水準である。受託期間中はさんざんに絞られたが、今ではいい経験になったと思っている。

というわけで、コンサルタント会社の人間の仕事術に興味を持ち、手にしてみたのが本書である。どちらかという若い社会人向けの書籍なのかもしれないが、仕事の型が崩れてきている中高年ビジネスパーソンのリハビリ、再教育にも効く良書かと思われる。

内容がわりの本書の目次

1章 「重要な仕事」に力を注ぐ
基礎力①やるべきことを見極めよう
2章 「仕事の核」を見つけ、集中して取り組む
基礎力②やり方、手順を決める
3章 全体最適の視点を持つ
基礎力③正しく計画する
4章 答えを導く練習をする
基礎力④筋道を立てて考える
5章 言いたいことを明確にする
基礎力⑤わかる資料を作る
6章 すれ違いを防ぐコミュニケーションの秘訣
基礎力⑥効果的に伝える
7章 同期で一番の出世頭になれる!
基礎力⑦働きながら成長する

「型を知る」強み

スポーツや、武道、楽器、勉強法でもいい、どんなことでも基礎をしっかりと叩き込まれた、型を持っている人間は強い。本書で言うところの、「仕事の基礎力」とは高密度な仕事を実現するための型であると、筆者は定義づけている。型がしっかりと出来ていれば、一度その形が崩れたとしても基本に立ちかえればいい。戻る場所がある人間は強いということなのである。

本書では、高い効率性と密度をもって仕事をこなしていくための、もっともベーシックな部分を身に付けることできるのだ。

本書の良いところをピックアップしてみるとこんな感じ。

その1

目次をみて頂けると判るかもしれないが、「基礎力」を鍛えるためのハゥトゥ本であるため、項目はかなり絞りこんである。ページ数も控えめで200頁程。これならすぐに一通りは目を通せるのではないだろうか。

その2

具体的な課題を設定⇒ダメ事例、良い事例を併記⇒解説といった具合に進行していくので判りやすい。1セグメントは5頁程度と短く構成されており、これなら飽きっぽく集中力の持たない人間でも、なんとか読める長さである。

その3

掲載されている内容は、普遍性があり、再現性も高いものばかりが厳選されている。時として仕事のハウトゥ本は、業界によってはまったく使い物にならなかったりするのだが、本書に関してはその心配はない。

仕事の基礎力

仕事の基礎力

 

おまけ、アフターフォローもあるよ

筆者的には、本書のボリュームは、かなり書き足りなかったようで、自社サイトにて「補完計画」が掲載されている。併せて読むとより、理解度が高まるのではないかと思われる。こういうアフターフォローはありがたいよね。

とりあえず、筆者による本書の紹介ページをリンクしておこう。

www.gixo.jp