ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

『赤城山卓球場に歌声は響く』野村美月のデビュー作


卓球場シリーズの第一作

2002年刊行作品。野村美月のデビュー作である。エンターブレインの第3回えんため大賞小説部門最優秀賞に輝いたのが本作。

以後、『那須高原卓球場純情えれじ〜 』『あだたら卓球場決闘ラブソング』『神宮の森卓球場でサヨナラ』と続く、全四巻で構成される「卓球場シリーズ」の一作目でもある。

Amazonの書影があまりにもサイズが小さいので、今回は楽天経由で書影を貼ってみた。


あらすじ

ある日、突然姿を消した神保華代子。その消息を追って、RHSVO(ロイヤルハーモニースペシャルボイスオーケストラ)の面々が動き出した。華代子の実家を訪れた一行は、群馬県に秘められた恐るべき秘密を知ることになる。赤城山山頂で繰り広げられる壮絶な卓球バトル。愛と友情は恐怖の卓球魔神の陰謀を打ち砕くことが出来るのか。

卓球の力で魔と戦う!

主人公の友達、神保華代子(じんぼ かよこ)は実家の群馬に帰れば、卓球の神に選ばれし姫巫女さま。世界の平和を守るために卓球魔神との戦いのその一命を捧げる。主人公たちも愛と友情の卓球戦士に身をやつし、クラブ活動で培った歌声の力で魔を退ける。不思議な世界になってしまった群馬県と赤城山。ホントに無茶苦茶極まりない設定を、ほのぼのまったりとマイペースで強引に語りきった怪作なのである。

卓球×合唱の力で仲間と戦う!

巫女装束で卓球というコンセプトを思いついた段階で勝ったようなもの。このシリーズでは歌声の力も重要な役割を果たす。主人公たちが歌う「ドナドナ」の女声三部合唱で、邪気を払うという展開も、初読時は「さすがにそれはない」と脱力させられるものの、いつの間にか、ここまでバカバカしいと逆によくぞここまで!と、褒め称えたくなってくるから不思議である。

作者の実体験が反映されている

エピソードや、登場人物には作者の学生時代の実体験が色濃く投影されているようで、楽しくも充実した日々を過ごしたのであろう事が想像出来る。無茶な設定の中で、個々のちょっとしたエピソードに妙なリアリティがあったりするのはそのせいか。

当初はちょっと多すぎ(ヒロイン+八人もいる)かなと思えた登場人物も、書き分けがきちんとなされていたので、混乱することもなくラストまでたどり着くことが出来た。名作とまでは言わないけど、愛すべき佳品ってところかな。

赤城山卓球場に歌声は響く (ファミ通文庫)

赤城山卓球場に歌声は響く (ファミ通文庫)