ネコショカ

小説以外の書籍感想はこちら!
『中高年男性の働き方の未来』
オジサンたちにこれから出来ることは何か?

『とある飛空士への追憶』犬村小六 絶世の美姫との逃避行、「飛空士」シリーズの第一作


累計130万部超!犬村小六の出世作

2008年刊行作品。ネットで話題になったので購入(当時)。初めて読んだガガガ文庫は本作だった気がする。作者の犬村小六(いぬむらころく)は1971年生まれのライトノベル作家。

ゲーム系のライターとしてキャリアをスタートし、2004年のノベライズ作品『Remember11 -the age of infinity-』で作家デビューを果たしている。ファミ通文庫時代はひたすらノベライズ要員として遇されていたが、2007年のガガガ文庫『レヴィアタンの恋人』で初めてオリジナル作品に挑戦。

続いて刊行されたのが『とある飛空士への追憶』から始まる、飛空士シリーズで、これまでに累計で130万部を超える大ヒット作となっている。

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

2011年にはアニメ映画化され話題となった。アニメ化に際して単行本版が刊行されている。

音声朗読によるオーディブル版もある。ナレーションは声優の長谷徳人が担当している。

30日間無料お試しで聴くならこちら。

飛空士シリーズは全四作、17冊

ちなみに飛空士シリーズのラインナップは以下の通り。

  • 『とある飛空士への追憶』(2008年)全1巻
  • 『とある飛空士への恋歌』 (2009~2011年)全5巻
  • 『とある飛空士への夜想曲』 (2011年)全2巻
  • 『とある飛空士への誓約』(2012年~2015年)全9巻

おススメ度、こんな方におススメ!

おすすめ度:★★★★(最大★5つ)

空戦バトルモノの作品を読みたい方。身分差のある男女の、切ない恋愛を描いた作品がお好きな方。単巻でキレイに終わっているライトノベル作品を探している方。最初期の犬村小六を読みたい方におススメ!

あらすじ

傭兵飛空士シャルルに課せられた任務は皇国次代の皇妃を乗せ、単機で敵中を翔破せよと云う無謀きわまりない命令だった。敵陣中に孤立してしまったリオ・デ・エステから自軍制空権のサイオン島までの距離は1万2千キロ。複座式の後席にちんまりと座るのは「光芒五里に及ぶ」と称えられる絶世の美姫ファナ。前代未聞。命がけの冒険行に乗り出した二人の行く手に待つものは。

ここからネタバレ

超身分差カップルの恋愛モノ

主人公は敵国人との間に生まれた混血児で、この国ではベスタドと呼ばれる被差別民。かたや、ヒロインは未来の皇妃さまである。なんという身分差カップル。周囲は360度全て敵。しかも機体性能でも負けてるし、武装は後部座席にある機銃のみでそれを撃てるのはお姫様だけときている。これで燃えるなというのは無理というもの。圧倒的な劣勢をはねのけての大逆転。ベタとはいえ、ベタはベタなりの心地よさがあるのだ。

一冊で綺麗に物語を閉じているのが潔い。ガガガ文庫のレーベル的な都合なのだろうか。あれ、でも『レヴィアタンの恋人』は続巻出ているしなあ。実は、あまり意味はないのかも。ともあれ一冊で終わらせなくてはならなかった分、余計な登場人物やエピソードがそぎ落とされた。結果的にシャルルとファナ二人だけの物語としてお話のスケールが適切な密度に収まった。欲を言えば、無駄な描写を減らせば更にクオリティを上げられたと思うので、その点だけは残念。

設定の甘さや、ディティールの緩さなどツッコミどころは多いけど、物語の筋がシンプルでぶれてないので気にならない。読み手の期待通りの所にお話が収まっていく気持ちよさを堪能出来る佳品。ラストシーンは本当に美しい。表紙絵の選択もナイスなのである。

アニメ版は神木隆之介が主人公

最初にも書いたが本作は2011年に劇場アニメ版が公開されている。主人公の狩乃シャルルは神木隆之介が声を担当したことで話題になった。監督は宍戸淳。原作小説からはかなり大胆なアレンジが入っているので、賛否の分かれる作品かな。キャラデザも変わりすぎていて、この点も残念。

身分差カップルモノならこちらもおススメ