ネコショカ

小説以外は別ブログにしました!
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

『導きの星1 目覚めの大地』小川一水 異種文明の歴史を見守る公務員が主人公


北方「水滸伝」の連続感想がようやく終わったので、今週からはジャンルをガラッと変えて、小川一水のこちらの作品をご紹介したい。

小川一水作品はここからガチ

2002年刊行作品。ハルキ文庫のヌーヴェルSFシリーズからの登場。全四巻の『導きの星』シリーズの一冊目「目覚めの大地」である。続巻である「2争いの地平」「3災いの空」「4出会いの銀河」と、毎週順に紹介していくのでお楽しみに。

導きの星Ⅰ 目覚めの大地 (ハルキ文庫)

ライトノベル寄りの作品を数多く発表している小川一水だが、本作あたりからガチのエスエフ作品を上梓していくようになる。後の『第六大陸』や『復活の地』、『天冥の標』あたりに繋がっていく原点的な一作なのではと、個人的には捉えている。

おススメ度、こんな方におススメ!

おすすめ度:★★★★(最大★5つ)

育成系のシミュレーションゲームが好きな方、歴史好きな方、『天冥の標』から小川一水作品にハマって、初期の作品も読んでみたい方におススメ!

あらすじ

宇宙へ進出した人類は各地で知的生命体に出会う。高度な文明への可能性を残しながらも、未開のままで停滞していたこれら異種族に対して、人類は外文明支援省を設立。極秘の内にその援助をスタートした。辺境のオセアノ星系へ派遣された観察官辻本司は、現地の知的生命体スワリスとその亜種ヒキュリジに遭遇。長い長い文明創造の任務に携わって行くことになる。

ここからネタバレ

異種文明の発展を見守る壮大な物語

知的生命体の保護観察育成という重大任務に対して、観察官は一種族につきなんと一人。主人公は若造で、目的人格(バーパソイド)と呼ばれる人工生命体の美少女アシスタントが三人ついてくる。その職務の重大さに反して、軽いドタバタノリで始まる序盤の展開に、ふとすると騙されそうになるが、実はかなりハードなエスエフ巨編なのである。

古の懐かしゲーム「シムアース」だったり「文明の曙」「アトラス」や「大航海時代」 みたいな育成系ゲームを知っていると入りやすいかもしれない。原始的な生活をしていたスワリスに火の存在を教え、虐げられてきたヒキュリジに鉄器の製法を伝える観察官。それぞれの種族の勢力の均衡と、発展の方向性の適正化を常に心がけながら、臨機応変な対応が求められる。この魅力的な設定だけで既に勝ったようなものだ。

試行錯誤しながら文明を育てていく

もちろん、観察官の干渉が必ずしも毎回成功するわけではなく、火の存在を知ったスワリスが焼き畑農法を猛烈な勢いで推し進めて環境問題を引き起こしてしまったり、鉄器の製法を身につけたヒキュリジがスワリスを完膚無きまでに駆逐してしまったりと、もたらされる結果の数々がこれまた面白い。

第一巻の「導きの星」は火の発明から、大航海時代まで。続きを読むのがとても楽しみ。ホントにワクワクする設定だよなあ。

導きの星Ⅰ 目覚めの大地 (ハルキ文庫)

導きの星Ⅰ 目覚めの大地 (ハルキ文庫)

  • 作者:小川一水
  • 発売日: 2020/06/15
  • メディア: Kindle版
 

その他の小川一水作品の感想はこちらからどうぞ

www.nununi.site