ネコショカ

小説以外は別ブログにしました!
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

『導きの星2 争いの地平』小川一水 種の発展に争いは避けられないのか?


「導きの星」シリーズの第二作

2002年刊行作品。先週から始めている小川一水の「導きの星」シリーズの、連続感想二回目である。全四回であと二冊分あるので、しばしお付き合いいただければと。

導きの星Ⅱ 争いの地平 (ハルキ文庫)

おススメ度、こんな方におススメ!

おすすめ度:★★★★(最大★5つ)

壮大なエスエフ作品を読んでみたい方、種の歴史について考えてみたい方、文明の発展に興味がある方、初期の小川一水作品に触れてみたい方におススメ!

あらすじ

遠洋航海技術を身につけるまでに至った惑星オセアノの知的生命体スワリスとヒキュリジ。しかし観察官、辻本司の干渉失敗により、この二つの種族は相互に憎み合い、絶えることのない抗争を繰り返すようになっていた。戦争状態に終止符を打つべく、司たちは戦地に赴く。スワリスの治める聖統ニチツュイ帝国と、ヒキュリジのトゥワバリ連合軍。両軍の衝突は止めることが出来るのか。

ここからネタバレ

物語の幅が広がるシリーズ二作目

今回は宗教の発生から近代科学の勃興までが描かれる。オセアノの辿る運命が、人類の歴史に被りすぎてるところが判りやすくもあり、都合が良すぎる面もありでなんとも微妙なところ。恣意的に誘導してるから仕方の無い側面もあるけど。

今回は種としての活力に衰えを感じつつある人類圏の盟主たちや、独自の商業活動を繰り広げる企業体フェニキア・オーバースペース社の人々が登場。オセアノだけの話に終始するかと思われていた物語の構造が一段と深みを増している。

異種文明を長期観察できる仕組み

ちなみに主人公は普通の人間なのだが、通常時は冷凍睡眠で老化をストップ。不死であるお供の三人のバーパソイド(人工生命体)がその間は惑星を監視。なにか問題があった時だけ覚醒させられて観察官が登場してくるという次第。おかげで数百年にも及ぶ文明の発展を一人で管轄出来るようになっている。

ワクワクする仕掛けの数々

代々登場するスワリス側の王族に共通する遺伝的特徴があって、これが実にいい仕掛け。これはあとあと効いてきそうだ。従順に思えたヒロインに実は予想だにしなかった裏の顔があって……、なんてのも中盤で仕込む伏線としては効果的。意外に大きな話に広がっていきそうなので期待しよう。

導きの星Ⅱ 争いの地平 (ハルキ文庫)

導きの星Ⅱ 争いの地平 (ハルキ文庫)

  • 作者:小川一水
  • 発売日: 2020/06/15
  • メディア: Kindle版
 

その他の小川一水作品の感想はこちらからどうぞ

www.nununi.site