ネコショカ

Blog名変えました。ネコショカは「猫の書架」
雑食系の書評Blogです。なんでも読みます
基本ネタバレありなので注意してね。

辻村深月『冷たい校舎の時は止まる 中巻』コミカライズ版についても書いてみた


先週の『冷たい校舎の時は止まる』感想の続き。本日は中巻。

www.nununi.site

連続刊行の二冊目

第31回のメフィスト賞受賞作品。上・中・下の3分冊で2004年の6月~8月にかけて、毎月連続刊行されていた。本編はその中編部分である。

今思えば、この話、寒い冬の季節の物語なのに真夏に発売されていたんだよね。どうせなら冬に出せばいいのにと、当時思った記憶がある。

冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)

なお、2007年の文庫化に際して、上下巻の二巻構成に改められているため、文庫版では「中巻」は存在しない。

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

 
冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

 

あらすじ

校舎に閉じこめられてしまった8人の高校生たち。8人のうちの誰か1人が秋の文化祭で自殺している。自殺者の想いが彼らを縛り付けるのか。自分の事を思い出して欲しいと願う「犯人」は彼らの心に揺さぶりをかける。片瀬充が、清水あやめが、そして藤本昭彦が奇怪な形で校舎内から姿を消していく。残された者たちの間に戦慄が駆け抜ける。

キャラクター個々人の事情が明らかに

上巻ではあまり描かれていなかった、キャラクターそれぞれの個人的事情が丁寧に書き込まれ、これでようやく面白くなってきたかな、というところ。

半分の人間が消えて、これで残りは四人。普通に考えれば鷹野と深月が最後に残ると思うのだが、この二人意外に直接会話するシーンが少ないので、仲がいいのかどうかよくわからない。一向に現れないサカキクンの存在も気になる。オチがまるで予想がつかないのでこの点はどう片を付けるのか楽しみなのである。

冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)

冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)

 

おまけ:新川直司がコミカライズを書いていた 

下巻の感想は長くなりそうなので、コミカライズの話をここでしておく。

2008年刊行。「月刊少年マガジン」連載。

実は『四月は君の嘘』でブレイクした新川直司のデビュー作が、『冷たい校舎の時は止まる』のコミカライズなのである。ちょっと意外と言えば意外。

青春ミステリという本作の内容を考えると、新川直司のタッチは悪くない組み合わせではないかと思うのだが、残念ながら、まだこの頃は、画風が定まっていなかったというか、安定していなかったというか、全体を通しての絵のクオリティが落ち着かず、小説版の物語性に乗っかることでなんとか形を成しているという状態なのである。

冷たい校舎の時は止まる(1) (月刊少年マガジンコミックス)

冷たい校舎の時は止まる(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

とはいえ、新川直司は第二作の『さよならフットボール』も面白かったし、『四月は君の嘘』の名作ぶりは語るまでもないだろう。しっかりと成長して、結果を残してきているのだから凄いよね。