ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

2003年このミス海外部門第1位『飛蝗の農場』 ジェレミー・ドロンフィールド


ジェレミー・ドロンフィールドのデビュー作

オリジナルの英国版は1998年刊行。日本での刊行は2002年となっている。「このミステリーがすごい!」2003年版海外部門で一位を獲得している作品である。

飛蝗の農場 (創元推理文庫)

作者のジェレミー・ドロンフィールドは1965年生まれのイギリス人。本作はCWA処女長編賞の候補作品にもなっている。本国では相応の数の作品を送り出しているようだが、邦訳されている作品は少なく、2005年刊行の『サルバドールの復活』があるのみである。テイスト的に日本人受けしないのかな。。

あらすじ

イギリス。ヨークシャーで農場を経営するキャロルの元に現れた一人の男。見るからにみすぼらしく怪しい風体に、動揺したキャロルは発砲、男に怪我を負わせてしまう。負傷した男はやがて意識を取り戻すが、それまでの記憶を全て無くしていることが判明する。やがて二人の奇妙な共同生活が始まるが、それは大いなる恐怖の始まりだった。

逃亡者と追う男

荒野の農場で一人暮らしをするキャロルと、正体不明の流れ者スティーブン。二人のやりとりと平行して、スティーブンと思われる男のかつての逃避行の模様が交互に語られていく。名を変え、職を変え、住処を変え逃亡を続けるスティーブン。しかしどこに逃げても執拗に追いすがってくる正体不明の追跡者「汚水溝の渉猟者」。果てなき逃亡の日々は、遂には現時点でのキャロルとの生活にまでたどり着き、ラストのカタストロフへと雪崩れ込む。

予想のできない結末へ

妄想なのか現実なのか、一向に落ち着くことのない暗澹としたスティーブンの逃亡の日々が読者を惑わせる。やがてキャロルのトラウマとなっている、連続殺人事件との関連が明かされ、事件の概要が見え始めてくるのだが、最後の最後まで物語の着地点は見えない。どこに連れて行かれるかわからない、不安に終始つきまとわれながら、読み手は物語の思わぬ終着点へと誘われる。

自分的には「汚水溝の渉猟者」=スティーブンの脳内妄想だと思っていたのだが、まるで大ハズレ。この結末は意外だった。思いっきり後味の悪いエンディングだが、この話のトーンには相応しい幕の引き方なのではないだろうか。

飛蝗の農場 (創元推理文庫)

飛蝗の農場 (創元推理文庫)