ネコショカ

夜20時更新。雑食系の書評Blogです。
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

歴史小説

『水滸伝16 馳驟の章』北方謙三  個人間バトルが熱い、そして遂に童貫が!

北方謙三版「水滸伝」第十六弾! かれこれ四か月近く続けている、月曜日恒例、北方謙三版「水滸伝」全19巻の連続感想。昨週の十五巻に続いて、本日は十六巻「馳驟(ちしゅう)の章」をお届けしたい。 単行本版は2005年に刊行されている。 水滸伝 16 馳驟の章…

『水滸伝15 折戟の章』北方謙三 遂に童貫率いる禁軍が動き出す

北方謙三版「水滸伝」第十五弾! 月曜日恒例、北方謙三による「水滸伝」全19巻の連続感想。先週の十四巻に続いて本日は十五巻「折戟(せつげき)の章」をご紹介したい。この巻を含めて、遂に残り五冊である。7月中には全巻紹介が完了する見込みである。 単行…

『八本目の槍』今村翔吾 人生は選択の連続、もう同じ夢はみられない

ブレイクしそうな今村翔吾の話題作 今村翔吾(いまむらしょうご)は1984年生まれの、時代小説、歴史小説作家である。デビュー作は2017年の『火喰鳥』(羽州ぼろ鳶組シリーズ)。2019年の『童の神』は直木賞候補に。 そして本日ご紹介する『八本目の槍』は201…

『水滸伝14 爪牙の章』北方謙三 最後の日常回かもしれない

北方謙三版「水滸伝」第十四弾! 毎週月曜日にお届けしている北方謙三版「水滸伝」の連続レビュー、先週の十三巻に続いて、本日は十四巻「爪牙の章」をご紹介したい。単行本版は2004年刊行。 水滸伝 14 爪牙の章 作者:北方 謙三 発売日: 2004/07/26 メディア…

『水滸伝13 白虎の章』北方謙三 遂に官軍のターンがやってきた!

北方謙三版「水滸伝」第十三弾! かれこれ三か月続いている、毎週月曜恒例の北方謙三版「水滸伝」の連続レビュー、先週の十二巻に続いて、本日は十三巻「白虎の章」の感想をお届けしたい。 単行本版は2004年に刊行されている。 水滸伝 13 白虎の章 作者:北方…

『水滸伝12 炳乎の章』北方謙三 梁山泊の生命線、闇塩を巡る暗闘!

北方謙三版「水滸伝」第十二弾! 毎週月曜日にお届けしている北方謙三版「水滸伝」の連続感想。本日は第十二巻である。前巻であれだけの大事件があっただけに、その次の巻をどう受けるのか、読者としても気が気ではないところ。それを当事者目線ではなく、少…

『水滸伝11 天地の章』北方謙三 遂にこの時が来てしまった!

北方謙三版「水滸伝」第十一弾! 毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」の感想を書く日!ということで、前回の十巻に続いて本日は第十一巻である。単行本版は2003年に登場。 水滸伝 11 天地の章 作者:北方 謙三 発売日: 2003/09/26 メディア: 単行本 集英社文庫…

『水滸伝10 濁流の章』北方謙三 ビバ呼延灼!ビバ連環馬!

北方謙三版「水滸伝」第十弾! 久しぶりの繁忙期モードで、先週は更新できなくてごめんなさい。 毎週月曜恒例(のはず)、北方謙三版「水滸伝」の連続感想、先々週の九巻に続いて本日は遂に第十巻。折り返し地点である。 単行本版は2003年に登場。 水滸伝 10…

『ピエタ』大島真寿美 追憶、ありえたかもしれない未来、そして人生は続く

2012年の本屋大賞第三位 2011年刊行作品。作者の大島真寿美(おおしまますみ)は1962年生まれ。1992年に「春の手品師」で文學界新人賞を受賞。同年、すばる文学賞最終候補となった『宙の家』がデビュー作。キャリアの長い作家だが、俄然注目を浴びたのが、20…

『カルチェ・ラタン』佐藤賢一 16世紀のパリを舞台とした連作短編小説

16世紀のパリを舞台とした成長物語 2000年作品。佐藤賢一、七作目の作品。お得意のフランスモノである。 カルチェ・ラタン 作者:佐藤 賢一 発売日: 2000/05/02 メディア: 単行本 集英社文庫版ハ2003年に刊行されている。 不勉強にして知らなかったのだが、本…

『水滸伝9 嵐翠の章』北方謙三 林冲先生大ピンチの巻!

北方謙三版「水滸伝」第九弾! 北方謙三版「水滸伝」の感想をひたすら書き続ける月曜日。前回の第八巻に続いて、本日は『水滸伝9 嵐翠の章』である。単行本版は2003年に刊行されている。 祝家荘編がなんとか終わって、ちょっと一休みかな?と、思わせておい…

『水滸伝8 青龍の章』北方謙三 官軍との全面戦争に突入!見どころ満載の戦闘特化巻

北方謙三版「水滸伝」第八弾! お題「#おうち時間」に便乗。大型連休中ではあるが、かれこれ一か月半ひきこもっているわたしは無論、通常進行である。こういう時は、家で本読んでるのがイチバンだよね。 ということで、月曜日恒例、北方謙三版「水滸伝」の連…

『廃帝綺譚』宇月原晴明 順帝、建文帝、崇禎帝、そして後鳥羽院の物語

『安徳天皇漂海記』とあわせて読みたい 2007年刊行作品。宇月原晴明(うつきばらはるあき)としては六作目の作品にあたる。ミルキィ・イソベの表紙デザインが美しい。 タイトルや表紙デザインから想像がつく方もおられるかもしれないが、本作は2006年に上梓さ…

『水滸伝7 烈火の章』北方謙三 予想を次々に裏切られる快感

北方謙三版「水滸伝」第七弾! 2002年刊行作品。毎週月曜日にお届けしている、北方謙三版「水滸伝」のレビュー、先週の第六巻に続いて、本日は第七巻である。 水滸伝 7 烈火の章 作者:北方 謙三 発売日: 2002/05/24 メディア: 単行本 集英社文庫版は2007年に…

『水滸伝6 風塵の章』北方謙三 名悪役、聞煥章が登場!

北方謙三版「水滸伝」第六弾! ここしばらく、毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」のレビューを連続してお届けしている。先週の第五巻に続いて、本日は第六巻「風塵の章」の章である。これでやっと1/3。まだまだ道は長いのだ。単行本版の刊行は2001年。 水滸伝…

『水滸伝5 玄武の章』北方謙三 北方版オリジナル展開が熱すぎる!

北方謙三版「水滸伝」第五弾! 毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」の連続レビューをお届けしている。先週の第四巻に続いて、本日は第五巻「玄武の章」の章である。単行本版の刊行は2001年。 水滸伝 5 玄武の章 作者:北方 謙三 発売日: 2001/09/26 メディア: …

『水滸伝4 道蛇の章』北方謙三 中国史は北方民族との戦いの歴史

北方謙三版「水滸伝」第四弾! 2001年刊行作品。北方謙三版「水滸伝」の連続レビュー。先週の第三巻に続いて、今回は第四巻「道蛇の章」である。 水滸伝 4 道蛇の章 作者:北方 謙三 発売日: 2001/05/25 メディア: 単行本 集英社文庫版は2007年に刊行されてい…

『水滸伝3 輪舞の章』北方謙三 敵が賢くて強い歴史小説は面白い

北方謙三版「水滸伝」第三弾! 2000年に刊行作品。月曜恒例、北方謙三版「水滸伝」のレビューだが、先週の第二巻に続いて、今回は第三巻「輪舞の章」である。 水滸伝 3 輪舞の章 作者:北方 謙三 発売日: 2000/11/24 メディア: 単行本 集英社文庫版は2006年に…

『水滸伝2 替天の章』北方謙三 林冲の強さがチート過ぎる!

北方謙三版「水滸伝」第二弾! 2000年刊行作品。当面、毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」のレビューを一巻ずつお届けしていく。先週の第一巻に続いて、今回はその続きである。 水滸伝 2 替天の章 作者:北方 謙三 発売日: 2000/10/26 メディア: 単行本 集英社…

『水滸伝1 曙光の章』北方謙三オリジナルの「水滸伝」を味わい尽くせ!!

「北方水滸」のレビューを始めるよ! 2000年刊行作品。作者の北方謙三(きたかたけんぞう)は1947年生まれ。ハードボイルド小説の書き手としてスタートしたが、1990年代から歴史小説のジャンルにも進出。多くの傑作を残している。 本作は1999年~2005年まで…

『女信長』佐藤賢一 織田信長女体化の先駆的作品

2006年刊行。信長女体化モノの先駆け作品!佐藤賢一初の日本史作品『女信長』の感想。考察。 信長が実は女だった!というトンデモ視点で既存の信長物語を綺麗にひっくりかえして見せた作品です。

『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』宇月原晴明、衝撃のデビュー作

第11回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品 1999年刊行作品。第11回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品。宇月原晴明のデビュー作である。宇月原晴明(うつきばらはるあき)は1963年生まれ。デビューまでに第六回三田文学新人賞を受賞。永原孝道名義で、詩歌…

『関ヶ原連判状』安部龍太郎 直木賞作家の出世作

安部龍太郎のブレイク作品 1996年刊行作品。作者の安部龍太郎(あべ りゅうたろう)は1955年生まれ。1987年にデビューして、ほぼ一貫して歴史小説の書き手として活躍している。2012年には織豊政権下で活躍した絵師、長谷川等伯の生涯を描いた『等伯』で直木…

『われはフランソワ』山之口洋 詩人フランソワ・ヴィヨンの一代記

山之口洋の第三作 2001年刊行作品。『オルガニスト』で第10回日本ファンタジーノベル大賞の大賞を受賞した山之口洋(やまのぐちよう)の三作目。 単行本のみで文庫化はされていない。 あらすじ 15世紀初頭。フランス。ジャンヌ・ダルクが焼かれた年に生まれた…

『天王船』宇月原晴明『黎明に叛くもの』外伝が素晴らしい!

『黎明に叛くもの』の外伝的な作品 2006年刊行作品。先日紹介した『黎明に叛くもの』の外伝。 分冊(ノベルズ)版の『黎明に叛くもの』4冊にそれぞれ入っていた外伝作品を文庫一冊にまとめたものが本書。単独で読んでも楽しめるとは思うが、やはり本編を先に…

『黎明に叛くもの』宇月原晴明の三作目は松永久秀の一代記

宇月原晴明の第三作 2003年刊行。『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』『聚楽 太閤の錬金窟(グロッタ)』に続く、宇月原晴明(うつきばら はるあき)三作目の作品。 美しい装丁に惚れ惚れ。このハードカバー版が出て、わずか三ヶ月後に四分冊のノベル…

『壬生義士伝』浅田次郎 守銭奴と蔑まれた新撰組隊士の物語

浅田次郎、初の時代小説 2000年刊行作品。もともとは「文藝春秋」誌に1998年~2000年にかけて連載されていたもの。タイトルの『壬生義士伝』は「みぶぎしでん」と読む。 日本を舞台とした歴史小説は、浅田次郎としては初めての作品となる。第13回の柴田錬三…

『聚楽 太閤の錬金窟(グロッタ)』宇月原晴明の二作目 伝奇小説好き必読の一作

宇月原晴明の二作目は太閤秀吉と秀次の物語 本作は2002年刊行。第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』に続く宇月原晴明(うつきばらはるあき)の二作目である。分量にして約二倍、568ページの圧倒的な長大ボ…

『安徳天皇漂海記』宇月原晴明 漂泊する安徳帝、その奇想に痺れる

山本周五郎賞受賞作品 2006年刊行作品。本日ご紹介するのは宇月原晴明(うつきばら はるあき)の「安徳天皇漂海記」である。この年の山本周五郎賞受賞作品を受賞している。 宇月原晴明は1963年生まれ『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』で、第11回日…

『鬼憑き十兵衛』大塚已愛 成長物語、ボーイミーツガール、伝奇小説の愉しみ、全てがここにある!

2018年の日本ファンタジーノベル大賞受賞作 2019年刊行作品。大塚已愛(おおつかいちか)のデビュー作である。2018年の日本ファンタジーノベル大賞受賞作だ。ちなみに応募時タイトルは『勿怪の憑』。 作者の大塚已愛は『ネガレアリテの悪魔 贋者たちの輪舞曲…