ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

5つ★(超おススメ!)

『水滸伝11 天地の章』北方謙三 遂にこの時が来てしまった!

北方謙三版「水滸伝」第十一弾! 毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」の感想を書く日!ということで、前回の十巻に続いて本日は第十一巻である。単行本版は2003年に登場。 水滸伝 11 天地の章 作者:北方 謙三 発売日: 2003/09/26 メディア: 単行本 集英社文庫…

『水滸伝10 濁流の章』北方謙三 ビバ呼延灼!ビバ連環馬!

北方謙三版「水滸伝」第十弾! 久しぶりの繁忙期モードで、先週は更新できなくてごめんなさい。 毎週月曜恒例(のはず)、北方謙三版「水滸伝」の連続感想、先々週の九巻に続いて本日は遂に第十巻。折り返し地点である。 単行本版は2003年に登場。 水滸伝 10…

米澤穂信『さよなら妖精』ネタバレ考察、新装版収録『花冠の日』感想付

もともとは「古典部」シリーズの一作として刊行される予定だった、米澤穂信『さよなら妖精』を完全ネタバレ考察。 新装版にのみ収録されている短編『花冠の日』についても感想を書きました。

『水滸伝9 嵐翠の章』北方謙三 林冲先生大ピンチの巻!

北方謙三版「水滸伝」第九弾! 北方謙三版「水滸伝」の感想をひたすら書き続ける月曜日。前回の第八巻に続いて、本日は『水滸伝9 嵐翠の章』である。単行本版は2003年に刊行されている。 祝家荘編がなんとか終わって、ちょっと一休みかな?と、思わせておい…

『水滸伝8 青龍の章』北方謙三 官軍との全面戦争に突入!見どころ満載の戦闘特化巻

北方謙三版「水滸伝」第八弾! お題「#おうち時間」に便乗。大型連休中ではあるが、かれこれ一か月半ひきこもっているわたしは無論、通常進行である。こういう時は、家で本読んでるのがイチバンだよね。 ということで、月曜日恒例、北方謙三版「水滸伝」の連…

『水滸伝7 烈火の章』北方謙三 予想を次々に裏切られる快感

北方謙三版「水滸伝」第七弾! 2002年刊行作品。毎週月曜日にお届けしている、北方謙三版「水滸伝」のレビュー、先週の第六巻に続いて、本日は第七巻である。 水滸伝 7 烈火の章 作者:北方 謙三 発売日: 2002/05/24 メディア: 単行本 集英社文庫版は2007年に…

『水滸伝6 風塵の章』北方謙三 名悪役、聞煥章が登場!

北方謙三版「水滸伝」第六弾! ここしばらく、毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」のレビューを連続してお届けしている。先週の第五巻に続いて、本日は第六巻「風塵の章」の章である。これでやっと1/3。まだまだ道は長いのだ。単行本版の刊行は2001年。 水滸伝…

『水滸伝5 玄武の章』北方謙三 北方版オリジナル展開が熱すぎる!

北方謙三版「水滸伝」第五弾! 毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」の連続レビューをお届けしている。先週の第四巻に続いて、本日は第五巻「玄武の章」の章である。単行本版の刊行は2001年。 水滸伝 5 玄武の章 作者:北方 謙三 発売日: 2001/09/26 メディア: …

『水滸伝4 道蛇の章』北方謙三 中国史は北方民族との戦いの歴史

北方謙三版「水滸伝」第四弾! 2001年刊行作品。北方謙三版「水滸伝」の連続レビュー。先週の第三巻に続いて、今回は第四巻「道蛇の章」である。 水滸伝 4 道蛇の章 作者:北方 謙三 発売日: 2001/05/25 メディア: 単行本 集英社文庫版は2007年に刊行されてい…

『水滸伝3 輪舞の章』北方謙三 敵が賢くて強い歴史小説は面白い

北方謙三版「水滸伝」第三弾! 2000年に刊行作品。月曜恒例、北方謙三版「水滸伝」のレビューだが、先週の第二巻に続いて、今回は第三巻「輪舞の章」である。 水滸伝 3 輪舞の章 作者:北方 謙三 発売日: 2000/11/24 メディア: 単行本 集英社文庫版は2006年に…

『水滸伝2 替天の章』北方謙三 林冲の強さがチート過ぎる!

北方謙三版「水滸伝」第二弾! 2000年刊行作品。当面、毎週月曜日は北方謙三版「水滸伝」のレビューを一巻ずつお届けしていく。先週の第一巻に続いて、今回はその続きである。 水滸伝 2 替天の章 作者:北方 謙三 発売日: 2000/10/26 メディア: 単行本 集英社…

『水滸伝1 曙光の章』北方謙三オリジナルの「水滸伝」を味わい尽くせ!!

「北方水滸」のレビューを始めるよ! 2000年刊行作品。作者の北方謙三(きたかたけんぞう)は1947年生まれ。ハードボイルド小説の書き手としてスタートしたが、1990年代から歴史小説のジャンルにも進出。多くの傑作を残している。 本作は1999年~2005年まで…

『ドゥームズデイ・ブック』コニー・ウィリスの名作タイムトラベルSF

ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞、三冠に輝いた名作 オリジナルのイギリス版は1992年刊行。原題は『Doomsday Book』。 日本では1995年に単行本版が登場。 ドゥームズデイ・ブック (夢の文学館) 作者:コニー ウィリス 出版社/メーカー: 早川書房 発売日…

『ブラバン』津原泰水 ビターな味わい吹奏楽部小説の名作

津原泰水の吹奏楽部小説『ブラバン』のあらすじとネタバレ感想。楽曲音源リンクあり。 20年ぶりにかつての吹奏楽部を復活させようとする主人公が直面する、懐かしい面々とビターな現実。 高校時代を40歳の現代を行きつ戻りつしながら、描かれる青春の残響が…

『オクシタニア』佐藤賢一 異端者と異端審問官になった夫婦の物語

13世紀の南仏を舞台とした歴史小説 2003年刊行作品。長いよ長いよの書き下ろし2,400枚。フツウの長編小説六冊分である。積読すること四年。ようやく読めた。 サトケンお得意のフランスモノ。今回のテーマははアルビジョア十字軍。相変わらず渋すぎるテーマチ…

『聚楽 太閤の錬金窟(グロッタ)』宇月原晴明の二作目 伝奇小説好き必読の一作

宇月原晴明の二作目は太閤秀吉と秀次の物語 本作は2002年刊行。第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』に続く宇月原晴明(うつきばらはるあき)の二作目である。分量にして約二倍、568ページの圧倒的な長大ボ…

『風の万里 黎明の空』小野不由美 「十二国記」エピソード4

新作が出るまでに、「十二国記」の既刊を全て再読してしまうつもりだったけど、とうとう新刊『白銀の墟 玄の月』が出てしまった……。 ともあれ、既刊を全て再読するまで新刊はお預け。本日は、「十二国記」のエピソード4『風の万里 黎明の空』をご紹介しよう…

『風よ龍に届いているか』ベニー松山のウィザードリー小説2作目は傑作ファンタジー

本日は台風通過後の後片付け中のため、旧記事のリライトで。まだ、台風通過中の地域の皆さま、くれぐれもお気を付け下さい。 「隣り合わせの灰と青春」に続く、ウィザードリー小説の2作目 風よ。龍に届いているか―小説ウィザードリィ〈2〉 作者: ベニー・松…

『月の影 影の海』小野不由美 「十二国記」エピソード1

小野不由美「十二国記」シリーズ、エピソード1『月の影 影の海』のネタバレ感想。アニメ版の違いも全話見て調べました。シリーズ全作の感想書きました。

『羊と鋼の森』宮下奈都 唯一無二の「森」に出会えた人生

第13回本屋大賞受賞作 2015年刊行作品。第13回の本屋大賞受賞作品。『羊と鋼の森』は「ひつじとはがねのもり」と読む(わりとそのまんま)。文庫の帯なんかだと「伝説の三冠を達成!」などとあるが、本屋大賞のほかに、第4回ブランチブックアワード大賞2015、…

『夏草の記憶』トマス・H・クック、屈指のビターエンド作品

2000年版「このミス」海外部門で第三位 1999年刊行。トマス・H・クックは1947年生まれのアメリカ人作家。本作が12作目。オリジナルの米国版1995年の刊行。原題は「Breakheart Hill」である。2000年版「このミス」海外部門で第三位に入った作品。 本作は1960年…

『童話物語』向山貴彦 国産ハイ・ファンタジーのオールタイムベスト

ファンタジー好きなら絶対読んで欲しい傑作 1999年刊行作品。作者の向山貴彦(むこうやまたかひこ)は1970年生まれの作家、翻訳家。残念ながら腎臓ガンのために、2018年に47歳の若さで亡くなられている。 本作のオリジナルとして、1997年に自主制作版(2,000…

横山秀夫『クライマーズ・ハイ』、日航機墜落事故時の報道のありかた

週刊文春のミステリーベスト10で第一位 2003年刊行。「このミス2004」国内第7位。週刊文春のミステリーベスト10では堂々の国内一位に輝いた作品である。また、第1回の本屋大賞第2位にランクインしている。作者の横山秀夫は1957年生まれ。上毛新聞で新聞記…

『死の泉』皆川博子が描く狂気と幻想の世界

第二次大戦下のドイツを舞台とした作品 1997年刊行作品。第32回の吉川英治文学賞を受賞している。 皆川博子は1929年(もしくは1930年)生まれで、1970年のデビューから現在に至るまで、連綿と現役の作家として活動を続けている。80代に入っても一向に刊行ペ…

菅浩江『永遠の森 博物館惑星』2000年のベストSF第一位作品!

菅浩江の代表作 2000年作品。1993年から1998年にかけて、早川書房「SFマガジン」に単発で掲載されていた作品群に書き下ろし(「この子はだあれ」)を加えて、単行本として刊行された作品である。 第54回日本推理作家協会賞の長編および連作短編集部門、更に…

奏でる喜び、合わせる喜び、佐藤多佳子『第二音楽室』音源付き!

School and Musicシリーズ一作目 2010年刊行作品。2005年から2009年にかけて、「別冊文芸春秋」「飛ぶ教室」に掲載されていた作品を単行本化したもの。学校音楽をテーマとしたSchool and Musicシリーズの一冊目である。 第二音楽室 作者: 佐藤多佳子 出版社/…

『アラビアの夜の種族』古川日出男 馥郁たる闇の香り

古川日出男の出世作 2001年刊行作品。ゲームボーイソフト『ウィザードリィ外伝2・古代皇帝の呪い』のノベライズ版として刊行された『砂の王』(ログアウト冒険文庫/未完)を下敷きに、全く別の物語として再構築し直したのが本作である。 砂の王〈1〉 (ログア…

サラ・ウォーターズ『荊の城』は読み始めたら止まらない徹夜必至本

『半身』に続く二年連続「このミス」海外部門第一位の作品 2004年刊行。オリジナルの英国版は2002年刊行。「このミス2005」海外部門第一位の作品である。 サラ・ウォーターズは「このミス2004」では『半身』で一位を取っているのでなんと二年連続一位の大偉業…

『イリヤの空 UFOの夏 その4』終わらない夏の日を終わらせる

シリーズ最終作、夏の日の終わり 2003年刊行作品。『電撃HP』20号~24号に連載された4話にエピローグ分を書き下ろしで追加。4冊目の本巻が最終巻となる。 あらすじ 伊里野との逃避行が始まった。追っ手を逃れ束の間の安息を得た二人に訪れた悲劇を描く「夏休…

秋山瑞人『イリヤの空 UFOの夏 その3』最後の日常エピソード

シリーズ三作目、平穏な日常の終焉 2002年作品。シリーズ第三弾。『電撃HP』掲載の作品をまとめたものである。 表紙絵のスクーターにはブレーキレバーが書かれておらず、もはや止まることができない、過酷な運命へと向けて突き進むイリヤの姿を象徴したもの…