ネコショカ

夜20時更新。雑食系の書評Blogです。
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

浦賀和宏

『こわれもの』浦賀和宏 終盤の怒涛の展開に驚かされる一作

浦賀和宏の初徳間作品 2002年刊行作品。本作はトクマ・ノベルズのための書き下ろし作品である。 文庫化されたのはかなり後のことで、徳間文庫版は2013年になってやっと刊行された。 こわれもの (徳間文庫) 作者:浦賀 和宏 発売日: 2013/05/02 メディア: 文庫…

『記憶の果て』浦賀和宏 第5回メフィスト賞受賞作

追悼 浦賀和宏 ミステリ愛好家の方であれば既にご存じかと思うが、浦賀和宏(うらがかずひろ)の死去が報じられた。死因は脳出血。デビューから20年以上経つので、けっこうな年齢なのかと思っていたら、なんと1978年生まれ。まだ41歳の若さである。いくらな…

『眠りの牢獄』浦賀和宏 主人公の名前が「浦賀」!

初の非安藤直樹シリーズ 2001年刊行作品。浦賀和宏の六作目。浦賀和宏はメフィスト賞受賞作の『記憶の果て』以降、安藤直樹シリーズをずっと書いてきた。しかし、六作目にしてようやく、非安藤シリーズ作品を書いてみたのがこちらの『眠りの牢獄』である。 …

浦賀和宏『彼女は存在しない』どの「彼女」が存在しないのか?

初の非講談社系作品 2001年刊行作品。作者の浦賀和宏は1978年生まれ。1998年の『記憶の果て』で第5回メフィスト賞を受賞してデビューしている。メフィスト賞デビューの同期生としては、乾くるみ『Jの神話』、積木鏡介『歪んだ創世記』がある。 本作は浦賀和…