ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

歌野晶午

歌野晶午『さらわれたい女』脱新本格の流れの中で

角川⇒講談社⇒角川と版元が変わった作品 まず最初に、1992年にカドカワノベルズ版(←懐かしいレーベル!)が刊行されている。 さらわれたい女 (カドカワノベルズ) 作者: 歌野晶午 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1992/01 メディア: 新書 この商品を含むブ…

歌野晶午の初期作品『ROMMY 越境者の夢』

歌野晶午が新しい作風にチャレンジし始めたころの作品 1995年作品。最初は講談社ノベルスから登場。 『長い家の殺人』『白い家の殺人』『動く家の殺人』などの一連の信濃譲二シリーズで、新本格ムーブメントを担う一人としてデビューしたこの作家が、微妙に…

テーマは"家"、歌野晶午の短編集「家守」(光文社/カッパノベルス)を読む 

歌野晶午の短編集 家守 (角川文庫) 作者: 歌野晶午 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/07/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 2003年刊行。2007年に光文社文庫、その後2014年に角川文庫版が刊行されている。現在入手しやす…