ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

ミステリ

『女彫刻家』ミネット・ウォルターズ 血まみれのオブジェを作り上げた女の秘密

ミネット・ウォルターズ、二番目の作品 1995年刊行作品。『氷の家』に続く、ミネット・ウォルターズの第二作。オリジナルの英国版は1993年に刊行されていて、原題は『The Sculptress』。アメリカ探偵作家クラブによるエドガー賞の長編賞部門を受賞。デビュー二…

『ななつのこ』加納朋子 第3回鮎川哲也賞、受賞作品

加納朋子のデビュー作 1992年刊行作品。作者の加納朋子は1966年生まれ。本作が第3回鮎川哲也賞を受賞しデビューを果たしている。配偶者は同じく作家の貫井徳郎(ぬくいとくろう)である。 ななつのこ 作者:加納 朋子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 19…

『少女は踊る 暗い腹の中踊る』岡崎隼人 第34回メフィスト賞受賞作

岡崎隼人、最初で最後の作品 2006年刊行。第34回メフィスト賞受賞作品。作者の岡崎隼人(おかざきはやと)は1985年生まれなので、受賞時は21歳くらいか。わりかし若い作家が受賞することが多いメフィスト賞としてもかなり若い方だよね。 ノベルス版のみで文…

『いのちのパレード』恩田陸ならではの「奇想」を味わう第三短編集

恩田陸、三冊目の短編集 2007年刊行作品。実業之日本社の小説誌「ジェイ・ノベル」に掲載されていた作品14編に、書き下ろし1編を加えて単行本化したもの。 『図書室の海』『朝日のようにさわやかに』に続く、恩田陸三作目の短編集である。 いのちのパレード …

『半落ち』横山秀夫はこの作品でブレイク!

「このミス」「週刊文春ミステリーベスト10」二冠! 初出は「小説現代」。単行本版の刊行は2002年。その年の「このミス」国内部門および「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門で共に第一位となった作品。横山秀夫のブレイク作である。 横山秀夫は1957年生…

『罪灯(つみともしび)』佐々木丸美 未必の故意による犯罪

当ブログは原則としてネタバレありでお届けしているが、本作については佐々木丸美の「館」シリーズについても軽度のネタバレを含んでいる。未読の方はご注意頂きたい。 再後期の佐々木丸美作品 1983年刊行作品。佐々木丸美としては15作目の作品。『罪灯』は…

『ハードボイルド・エッグ』荻原浩 フィリップ・マーロウに憧れて探偵稼業

荻原浩、最初期の作品 1999年刊行作品。荻原浩(おぎわらひろし)としては三作目の長編小説にして、初のミステリ作品である。以前に紹介した『コールドゲーム』同様に、ブレイク前の荻原浩作品だ。 2002年に双葉文庫版が登場。わたしが読んだのはこちら。 ハ…

『真っ暗な夜明け』氷川透 第15回メフィスト賞受賞作

覆面作家、氷川透のデビュー作 2000年刊行作品。第15回のメフィスト賞受賞作品である。氷川透(ひかわとおる)の最初の作品。この作家、東京大学文学部卒であることは開示されているのだが、それ以外のプロフィールがまったく不明と言う覆面作家である。性別…

『鉄の枷』ミネット・ウォルターズ 中世の拘束具を被せられた死体の謎

ミネット・ウォルターズの三作目 オリジナルの英国版は1994年刊行で、原題は『The Scold's Bridle』。邦訳版は1996年に登場。 鉄の枷 作者:ミネット ウォルターズ 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1996/11 メディア: 単行本 わたしが読んだのは2002年に…

『世界は密室でできている』舞城王太郎 「奈津川サーガ」スピンアウト作品

舞城王太郎の「密室本」 2002年刊行作品。舞城王太郎の三作目である。 浅暮三文の『殺しも鯖もMで始まる 地底の密室!』や高里椎奈の『それでも君が』と同様に、講談社ノベルズ20周年企画「密室本」の一冊として刊行された作品である。 講談社文庫版は2005年…

『オルガニスト』山之口洋 第10回日本ファンタジーノベル大賞受賞作

山之口洋のデビュー作 1998年刊行作品。第10回日本ファンタジーノベル大賞の大賞受賞作品である。ちなみにこの年の優秀賞は沢村凛の『ヤンのいた島』と涼元悠一の『青猫の街』である。 作者の山之口洋(やまのぐちよう)は1960年生まれ。本作がデビュー作と…

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 「すべてが伏線」は伊達じゃない

三冠獲得!2019年を代表するミステリ作品『medium 霊媒探偵城塚翡翠』のネタバレ感想。相沢沙呼の代表作にないそうですね。 作中に周到に張り巡らされた伏線の数々について考察してみました。

『それでも君が』高里椎奈のドルチェ・ビスタシリーズ

高里椎奈による「密室本」 2002年刊行作品。講談社ノベルズ20周年企画「密室本」の一冊である。高里椎奈と言えば、薬屋探偵シリーズが定番だったが(当時)、本作は初の非薬屋シリーズ作品だった。 その後『お伽話のように』『左手をつないで』と続いていく…

『そして粛清の扉を』黒武洋 第一回ホラーサスペンス大賞受賞作

ホラーサスペンス大賞、最初の大賞作品 2001年刊行作品。黒武洋(くろたけよう)のデビュー作である。第一回ホラーサスペンス大賞の大賞受賞作。 新潮文庫版は2005年に登場している。 そして粛清の扉を (新潮文庫) 作者:黒武 洋 出版社/メーカー: 新潮社 発…

『殺しも鯖もMで始まる 地底の密室!』浅暮三文

浅暮三文による「密室本」 2002年刊行作品。1998年に『ダブ(エ)ストン街道』で第8回のメフィスト賞を受賞した浅暮三文(あさぐれみつふみ)としては6作目の作品となる。 浅暮三文は1959年生まれ。作家になる前はコピーライターだった。メフィスト賞受賞後は…

『暗闇の中で子供』舞城王太郎 「奈津川サーガ」の第二作

メフィスト賞受賞後、初の作品 2001年刊行作品。『煙か土か食い物』で第19回のメフィスト賞を受賞した舞城王太郎の第二作。「奈津川サーガ」と呼ばれる一連のシリーズの二作目でもある。 全貌が判りにくい「奈津川サーガ」 奈津川家の人々を描いた、「奈津川…

『レキオス』池上永一 千年の眠りから覚める沖縄の封印

池上永一の第四作 2000年刊行。『バガージマヌパナス』『風車祭』『復活、へび女』(改題されて『あたしのマブイ見ませんでしたか』)に続く池上永一の四作目である。 ベストSF2000の国内部門の第2位。2001年版の「このミステリーがすごい!」の国内部門第20…

『黙過の代償』森山赳志 第33回メフィスト賞受賞作

森山赳志、唯一の作品 2005年刊行作品。タイトルは「もっかのだいしょう」と読む。第33回のメフィスト賞受賞作品である。メフィスト賞には珍しい国際謀略モノだ。作者の森山赳志(もりやまたけし)は1971年生まれ。本作がデビュー作だが、残念ながらこれ以降…

『雪が白いとき、かつそのときに限り』陸秋槎 雪の密室、青春の蹉跌と絶望

陸秋槎の第二作 2019年刊行作品。オリジナルの中国版は2017年刊行で原題は『当且僅当雪是白的』。 作者の陸秋槎(りくしゅうさ)は1988年生まれ。2016年の『元年春之祭』がデビュー作で(日本版は2017年刊行)、本作が第二作ということになる。 あらすじ 雪…

『垂里冴子のお見合いと推理』山口雅也 何故か事件が起きて破談になってしまうヒロイン

垂里冴子シリーズの一作目 1996年刊行作品。まず最初に集英社から単行本版が登場。 垂里冴子のお見合いと推理 作者: 山口雅也 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1996/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る その後版元が変わり、2000年に講…

『朝日のようにさわやかに』恩田陸の第二短編集

14編を収録したバラエティに富んだ短編集 2007年刊行作品。『図書室の海』に続く恩田陸の第二短編集である。この当時、既に恩田陸の刊行ペースは相当に早く、ほぼ毎月なにかしら作品が出ている状態であった。この時期の多作ぶりはホントに凄かった。デビュー…

『理由あって冬に出る』似鳥鶏 「市立高校シリーズ」一作目

表紙イラストが変更された作品 2007年刊行。第16回鮎川賞佳作入選作である。作者の似鳥鶏(にたどりけい)は1981年生まれ。本作が最初の作品である。その後七作目まで続いている「市立高校シリーズ」の第一作目でもある。 現在は以下の表紙(イラストレータ…

『煙か土か食い物』舞城王太郎 第19回メフィスト賞受賞作

舞城王太郎衝撃のデビュー作 2001年刊行作品。第19回のメフィスト賞受賞作品である。舞城王太郎(まいじょうおうたろう)最初の作品である。舞城王太郎は1973年生まれで、福井県出身。しかし、それ以外の経歴は一切公表されていない覆面作家である。 本作は…

『遙かなり神々の座』谷甲州は山岳小説も面白い

谷甲州はSFだけじゃない! 1990年刊行作品。かれこれ30年近く前に世に出た作品である。 作者の谷甲州は1951年生まれ。航空宇宙軍史シリーズなどのSF作品が特に知られているが、もう一つの柱が山岳小説である。 遥かなり神々の座 作者: 谷甲州 出版社/メーカ…

『犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎』コニー・ウィリス 時間モノの傑作

ヒューゴー賞・ローカス賞ダブル受賞作 2004年刊行作品。オリジナルの米国版は1998年に刊行されている。原題は『To Say Nothing of the Dog』。ヒューゴー賞・ローカス賞受賞。日本では「このミステリがすごい!2005」海外部門第九位、「SFが読みたい2005」海…

『殺人喜劇の13人』芦辺拓 第1回の鮎川賞受賞作

芦辺拓のデビュー作 1990年刊行作品。作者の芦辺拓(あしべたく)は1958年生まれ。本作がデビュー作となる。東京創元社による公募新人賞、鮎川哲也賞の第一回目の受賞作品である。ちなみに、この時の佳作入選が二階堂黎人の『吸血の家』であった。 芦辺拓に…

『Twelve Y.O.』福井晴敏 第44回江戸川乱歩賞受賞作

最初に刊行された福井晴敏作品 1998年刊行作品。第44回江戸川乱歩賞受賞作品である。ちなみにタイトルの『Twelve Y.O.』は「とぅえるぶ わい おー」と読む(そのまんまだ)。 作者の福井晴敏は1968年生まれ。ちなみに同時受賞は池井戸潤の『果つる底なき』。…

『パラダイス・クローズド』汀こるもの 第37回メフィスト賞受賞作

こるものさんのデビュー作 2008年刊行。第37回メフィスト賞受賞作品。汀(みぎわ)こるものの第一作にして、タナトスシリーズの一作目でもある。 twitterやってる人間としては、汀こるものと言うよりは、「こるものさん」で認識しているので、フルネームで書…

『航路』コニー・ウィリス 臨死体験と死後の世界

驚愕の超絶展開が楽しめる一作 2002年刊行作品。作者のコニー・ウィリスは1945年生まれのアメリカ人SF作家である。 原著『PASSAGE』は2001年に米国で刊行されている。米国ローカス賞のSF長編部門を受賞。日本国内でも、ベストSF2002海外篇の第1位。このミス20…

『撓田村事件』小川勝己 横溝正史へのオマージュ作品

横溝正史ミステリ大賞受賞者が描く本格ミステリ 2002年刊行。2000年に『葬列』で第20回横溝正史ミステリ大賞を受賞してデビューした小川勝己(おがわかつみ)の五作目の作品である。新潮社のハードカバー単行本シリーズ、「新潮ミステリー倶楽部」枠からの登…