基本ネタバレありなので注意してね。
現在試行錯誤中につき、デザインころころ変わってます
しばらくしたら落ち着くと思うのでご容赦下さいませ

ミステリ

古野まほろ『天帝のつかわせる御矢』シリーズ第二弾は豪華列車内での密室殺人事件

「天帝」シリーズ第二弾! 2007年刊行。シリーズ二作目。 天帝のつかわせる御矢 (講談社ノベルス) 作者: 古野まほろ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/06/08 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (60件) を見る 2012年に幻冬…

佐々木丸美『雪の断章』 「孤児」シリーズ4部作を読む(1)

佐々木丸美を知っているか? 個人的に佐々木丸美は、昭和のリリカル文体の女王だと思っている。 1949年生まれで、20代後半でデビュー。活躍年代は1970年代の後半から80年代前半で、80年代半ば以降は作品を書かなくってしまった。そのため、90年代の終わり頃…

トマス・H・クック「夜の記憶」幼き日の心の闇に向き合うこと

過去と現実、虚構と真実が混ざり合う幼い日の物語 今週のお題「読書の秋」もそろそろ終盤。というか、このお題いつまで続くの?ま、読書Blog的にはありがたいけど。 さて、本日ご紹介するのはトマス・H・クックのこちらの作品。クック作品を紹介するのは前回の…

有川浩の第二作品「空の中」は特撮マインド全開の会心作

二作目にしてハードカバーで登場 今週のお題「読書の秋」、本日はこちら。 2004年刊行。『塩の街』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞した有川浩の第二作が本書。電撃文庫デビューの作家が、なんと二作目でハードカバーで登場である。この作家のブレイク作品…

宮部みゆき「模倣犯」最後で明らかになるタイトルの意味に戦慄

2002年の「このミス」第一位作品 今週のお題「読書の秋」本日紹介するのはこちら。 模倣犯〈上〉 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2001/03/01 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 201回 この商品を含むブログ (180件) を見る 模倣犯〈…

犬を探す探偵の物語 米澤穂信「犬はどこだ」

米澤穂信初の大人が主人公の作品 犬はどこだ (創元推理文庫) 作者: 米澤穂信 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2008/02/29 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 60回 この商品を含むブログ (145件) を見る 紺屋S&Rシリーズの第一弾、ではあるが、今のと…

追憶の中の物語、トマス・H・クック「緋色の記憶」

アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)受賞作 緋色の記憶 (文春文庫) 作者: トマス・H.クック,Thomas H. Cook,鴻巣友季子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1998/03/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (39件) を見る 1998…

名作「イニシエーション・ラブ」を原作、映画版、オーディブル版で読み比べてみた

130万部も売れた大ベストセラー作品 本作を初めて読んだのは2005年頃。刊行から一年過ぎて評判になってからだからわりとミステリファンとしては食いつきは遅め。改めて調べてみたらこの作品130万部も売れてるんだねビックリ! 今回、映画版とオーディブル版…

佐藤賢一「カルチェ・ラタン」は16世紀のパリを舞台とした連作短編小説

16世紀のパリを舞台とした成長物語 カルチェ・ラタン (集英社文庫) 作者: 佐藤賢一 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2003/08/20 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (16件) を見る 2000年作品。佐藤賢一、七作目の作品。お得意の…

「殺人鬼の放課後」はライトノベルレーベル×ミステリの越境アンソロジー

内容はこんな感じ 殺人鬼の放課後―ミステリ・アンソロジー〈2〉 (角川スニーカー文庫) 作者: 恩田陸,新津きよみ,小林泰三,乙一,藤田新策 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2002/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (20件) を…

図像学×ミステリの面白さ。飛鳥部勝則「殉教カテリナ車輪 」

飛鳥部勝則の第一作品 殉教カテリナ車輪 (創元推理文庫) 作者: 飛鳥部勝則 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2001/07 メディア: 文庫 クリック: 3回 この商品を含むブログ (9件) を見る 第九回鮎川哲也賞受賞作品。飛鳥部勝則の処女作品。1998年に刊行さ…

サラ・ウォーターズの「半身」はヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台とした傑作ミステリ

2003年の翻訳ミステリ界を制した傑作だよ 半身 (創元推理文庫) 作者: サラウォーターズ,Sarah Waters,中村有希 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2003/05/24 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 38回 この商品を含むブログ (130件) を見る 2003年刊行。…

閉ざされた島で起きる猟奇殺人、小野不由美「黒祠の島」を読む

明治の寺社統制に背いた島の物語 黒祠の島 (新潮文庫) 作者: 小野不由美 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/06/28 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 268回 この商品を含むブログ (34件) を見る 2001年刊行作品。まずは祥伝社のノン・ノベルから新書で…

普通の人間がまっとうに生きていくことで生まれる感動、宮部みゆき「蒲生邸事件」

SFにしてミステリ、宮部みゆきの20年過ぎても色褪せない名作 蒲生邸事件 上 (文春文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/11/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 蒲生邸事件 下 (文春文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メー…

今は亡き白泉社My文庫から如月香「エンジェル&クラウン」

短命レーベル白泉社My文庫の一作 白泉社が2001年に創刊した白泉社My文庫の第二期シリーズの中の一冊。折り込みのチラシによると、このMy文庫は「愛と牙のあるミステリー」をキャッチコピーに、キャラ萌え読者からマニアまで、割と納得できるラインナップにな…

テーマは"家"、歌野晶午の短編集「家守」(光文社/カッパノベルス)を読む 

歌野晶午の短編集 家守 (角川文庫) 作者: 歌野晶午 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/07/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 2003年刊行。2007年に光文社文庫、その後2014年に角川文庫版が刊行されている。現在入手しやす…

古野まほろ「天帝のはしたなき果実」(講談社/講談社ノベルズ)旧版を絶賛してみる

読み手を選ぶ「愛すべき地雷」 天帝のはしたなき果実 (講談社ノベルス) 作者: 古野まほろ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/01/12 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 41回 この商品を含むブログ (125件) を見る 2007年刊行。第35回メフィスト賞受賞作…