ネコショカ

小説以外の書籍感想はこちら!
『紫式部の父親たち』繁田信一
書簡集『雲州消息』から文人貴族の日常を知る

小林泰三

『人獣細工』小林泰三 パッチワーク・ガールの狂おしいまでの絶望

小林泰三の第二作 1997年刊行作品。作者の小林泰三(こばやしやすみ)は1962年生まれのホラー、エスエフ、ミステリ作家。がんのために2020年に58歳の若さで他界されている。 1995年に第二回ホラー小説大賞短編賞を『玩具修理者』で受賞し、作家としてのデビ…

『殺人鬼の放課後』はスニーカー・ミステリ倶楽部発のミステリアンソロジー

今週のお題「読書の秋」にエントリします! 短命に終わったスニーカー・ミステリ倶楽部 2001年に登場した、角川スニーカー文庫内のミステリレーベルが、スニーカー・ミステリ倶楽部だ。でも、結局あまりうまくいかなくて、数年で消えてしまったはず。同時期に…

『海を見る人』小林泰三 初のエスエフ短編集

以下は昨年12月投稿記事の加筆修正版となる。 小林泰三逝去 昨晩(2020年11月25日)のTwittrタイムラインに、以下の一報が流れた。 小説家の小林泰三さんが11月23日午前5時56分に逝去されました。奥様はネット環境になく、田中さんに公表してもらえと…