ネコショカ

Blog名変えました。ネコショカは「猫の書架」
雑食系の書評Blogです。なんでも読みます
基本ネタバレありなので注意してね。

秋山瑞人

終わらない夏の日の物語『イリヤの空 UFOの夏 その2』

シリーズ二作目は文化祭巻! 2001年刊行作品。前作『イリヤの空 UFOの夏 その1』から僅か1ヶ月で早くも続巻が出ていた。当時はこんなに短い間隔で秋山瑞人の新刊が読めていたのである(遠い目)。 でもまあ、元は雑誌連載作品だから順当に出て当然か。…

ライトノベルのオールタイムベスト、秋山瑞人『イリヤの空 UFOの夏 その1』

秋山瑞人の四作目にして最高傑作 2001年刊行。『E.G.コンバット』『鉄コミュニケイション』『猫の地球儀』に続く第4作。オリジナル作品としてはこれが第2作となる。ゼロ年代を代表するライトノベル作品であり、オールタイムベストをやっても上位に食い込んで…

人類絶滅後、知性を持った猫たちの切ない物語『猫の地球儀』

昨日、今日と、18時更新出来てなくてゴメンナサイ、諸般の事情で、今後は20時(くらい)更新で参ります。 秋山瑞人初のオリジナル作品 2000年刊行。第32回の星雲賞日本長編部門の最終候補作。 『E.G.コンバット』そして、『鉄コミュニケイション』と、電撃レ…

秋山瑞人の二作目「鉄コミュニケイション」はノベライズの域を超えた傑作

電撃G's文庫から電撃文庫に移籍した作品 1998年刊行。鉄(くろがね)コミュニケイション。 最初は電撃文庫で、美少女系のノベライズなんかを専門に出していた電撃G's文庫から世に出ている。それがこちら。1巻なら表紙の左下、2巻なら表紙の右下にG'sのロゴが…

これで終わり?秋山瑞人「E.G.コンバット 3rd」、続きはもう出ないのかな。

秋山瑞人も未完の大作「E.G.コンバット 3rd」のあらすじと感想。1stや2ndの感想もアリ。完結編Finalについての憶測も。

秋山瑞人「E.G.コンバット 2nd」(メディアワークス/電撃文庫)を読む

秋山瑞人の未完の大作、「E.G.コンバット 2nd」のあらすじと感想。 1stや3rdの感想もあります。

20年過ぎても完結していない、秋山瑞人の処女作「E.G.コンバット」を読む

秋山瑞人の未完の処女作「E.G.コンバット」のあらすじと、感想を紹介しています。2nd、3rdの感想もあり。