ネコショカ

Blog名変えました。ネコショカは「猫の書架」
雑食系の書評Blogです。なんでも読みます
基本ネタバレありなので注意してね。

ライトノベル

終わらない夏の日の物語『イリヤの空 UFOの夏 その2』

シリーズ二作目は文化祭巻! 2001年刊行作品。前作『イリヤの空 UFOの夏 その1』から僅か1ヶ月で早くも続巻が出ていた。当時はこんなに短い間隔で秋山瑞人の新刊が読めていたのである(遠い目)。 でもまあ、元は雑誌連載作品だから順当に出て当然か。…

まさかの姉ちゃん回!西尾維新『刀語 第四話 薄刀・針』

講談社BOX12ヶ月連続刊行"大河ノベル"の第四巻 2007年刊行。十二ヶ月連続。月イチ刊行の四冊目である。 因縁の相手、錆白兵との対決回か!と思わせて実はお姉ちゃん回でしたという、いかにも西尾維新らしい人を食った展開にブチ切れた読者は多いのではないだ…

地方都市のうつろいゆく春夏秋冬 米澤穂信『遠まわりする雛』

古典部の春夏秋冬を描いたシリーズ初の短編集 2007年刊行。『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』に続く、古典部シリーズの四作目。 2002年から2007年にかけて、雑誌「ザ・スニーカー」「野生時代」に掲載された作品を集めた短編集。最後に収…

ライトノベルのオールタイムベスト、秋山瑞人『イリヤの空 UFOの夏 その1』

秋山瑞人の四作目にして最高傑作 2001年刊行。『E.G.コンバット』『鉄コミュニケイション』『猫の地球儀』に続く第4作。オリジナル作品としてはこれが第2作となる。ゼロ年代を代表するライトノベル作品であり、オールタイムベストをやっても上位に食い込んで…

無刀対千本刀の戦い、西尾維新『刀語 第三話 千刀・ツルギ』

講談社BOX12ヶ月連続刊行"大河ノベル"の第三巻 2007年刊行。12ヶ月連続刊行の大河小説の三作目。 今回のお相手は出雲国は、三途神社の神職、鶴賀迷彩さん(女子)である。 七花さん、相手が女子でも遠慮は無しかよ。そして得物は千刀・ツルギ(金編に殺)。千…

二つの魂の再生の日々を描く、紅玉いづき『ミミズクと夜の王』

電撃タイトルとしては異例づくめのデビュー作 2007年刊行。第13回電撃小説大賞大賞受賞作。 「このラノ2008」で第七位。これは新人でしかも単発作品の中では最高位だった。 童話のような幻想的なカバーイラストが素敵。電撃文庫から出ているのに、全くラノベ…

ライトノベル×ホラーの越境アンソロジー『悪夢制御装置』

スニーカー・ミステリ倶楽部のアンソロジーシリーズ第五弾 2002年刊行。短命に終わったスニーカー・ミステリ倶楽部だが、ライトノベルユーザに向けのミステリ啓蒙本として、一般作家によるアンソロジー(短編集)を数冊刊行していた。 ラインナップは以下の通…

居合VS無刀の戦い、西尾維新『刀語 第二話 斬刀・鈍』

毎週火曜日は大長編ライトノベルの感想を書く日なので(なんとなく決まった)。先週の第一話に引き続き、西尾維新の『刀語(かたながたり)』シリーズをご紹介したい。 狂気の12ヶ月連続刊行"大河ノベル"の第二巻 2007年刊行。12ヶ月連続刊行の大河小説。第…

西尾維新『刀語 第一話 絶刀・鉋』全巻レビューを始めるよ

今週からは西尾維新の『刀語(かたながたり)』シリーズをご紹介したい。 西尾維新が手がける12ヶ月連続刊行「大河ノベル」の第一巻である。 2007年刊行。2006年に創刊された講談社BOXからのリリース作品である。タイトルに「がたり」と付くが、「物語」シリ…

米澤穂信の古典部シリーズ第二作『愚者のエンドロール』

古典部シリーズ第二作 2002年刊行。『氷菓』に続く米澤穂信の古典部シリーズ第二作である。 こちらも当初はスニーカー文庫のミステリ倶楽部枠で刊行され、現在は通常の角川文庫版に切り替わっている。表紙のデザインがまるで違うね。 愚者のエンドロール (角…

一冊まるごとカーテンコール!『空ノ鐘の響く惑星で 外伝 tea party's story』

10年後の物語 2007年刊行。シリーズ13作目。 あれ、先週完結編の『空ノ鐘の響く惑星で12』の紹介があったばかりなのでは?という疑問があるかもしれないが、本作は、本編完結の翌年に上梓された後日譚編なのである。わざわざ、完結してから一年過ぎて、こう…

人類絶滅後、知性を持った猫たちの切ない物語『猫の地球儀』

昨日、今日と、18時更新出来てなくてゴメンナサイ、諸般の事情で、今後は20時(くらい)更新で参ります。 秋山瑞人初のオリジナル作品 2000年刊行。第32回の星雲賞日本長編部門の最終候補作。 『E.G.コンバット』そして、『鉄コミュニケイション』と、電撃レ…

米澤穂信のデビュー作にして、古典部シリーズの一作目『氷菓』

米澤穂信のデビュー作 2001年刊行。第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞作。同大賞はこの年から、ヤングミステリー&ホラー部門を創設しており、当該部門で、奨励賞を受賞したのが本作だ。米澤穂信のデビュー作である。 2001年は角川スニーカー文庫に、サブレー…

完結に20年かかった新井素子の『ブラック・キャット』シリーズを振り返る

今日は昭和の作品(後半は平成だけど)の登場である。既にコラムとして『ネリマ大好き』の感想をお届けしているが、小説作品を紹介するのがこれが初めてになる。新井素子は十代の自分がもっとも影響を受けた作家のひとりなのである。 本ブログの存在意義の一…

大団円、完璧な王族エンド『空ノ鐘の響く惑星で12』

最終巻の表紙は主役級の三人で 2006年刊行。シリーズ最終作だ。 本シリーズの表紙は、これまで二人の主要キャラクターが描かれ、一巻ごとに登場キャラが入れ替わっていくスタイルだった。しかし、ラストとなる本巻では、表紙の法則性が崩れて、フェリオ、ウ…

室町ファン感涙、コバルト文庫で南北朝時代!阿部暁子『室町少年草子』

阿部暁子の第二作 2009年刊行。作者の阿部暁子は1985年生まれ。 かつて集英社のコバルト文庫で主催していた、今は亡きロマン大賞の出身者だ。 2008年に刊行されたデビュー作の『屋上ボーイズ』は公募賞であるロマン大賞の応募作なので、受賞後の第一作が本作…

結末に向けて収束していく物語世界『空ノ鐘の響く惑星で11』

大長編ラノベ(ソラカネシリーズ)の感想は、本来は火曜日更新だった気がするけど、昨日は年始のあいさつに使ってしまったので、一日ずれて本日になりました。待たれていた方(いるのかな?)、もしいらしたらゴメンナサイ。本日から、平常運転に戻るはず。 …

小川一水のデビュー作『まずは一報ポプラパレスより』シリーズ全二作を読む

実は乙一と同期だった小川一水 本日は『まずは一報ポプラパレスより』シリーズを二作まとめてご紹介したい。 本作は、エスエフ作家、小川一水のデビュー作だが、デビュー当時は河出智紀という筆名で刊行されていた。今は亡き新書サイズの「JUMP jBOOKS」レー…

自らの無力さ故に死なせてしまった女の子を救いたい!『君がいる風景』

表紙のテンションが20世紀だけど、2002年の作品 2002年刊行。作者の平谷美樹(ひらやよしき)は1960年生まれ。名前で勘違いしがちだけど男性作家。学校についての描写に妙にリアリティがあると思ったら、元々は中学校教師であったらしい。なるほどね。現在は…

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で10』ジラーハ編に突入!

今回は宗教大国ジラーハ編 2006年刊行。シリーズ十作目。今回は神殿の総元締め宗教大国ジラーハ編である。 空ノ鐘の響く惑星で(10) (電撃文庫) 作者: 渡瀬草一郎 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2017/06/24 メディア: Kind…

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で9』はインターミッション巻?

9巻まで来て、まだ2/3!さすが大長編作品 毎週火曜日のソラカネ感想の日。本日でやっと第9巻。 さすが大長編!二か月かかってもまだ2/3までしか来ていない。週1更新なので、全ての巻を紹介できるのは年明けになりそうだ。 空ノ鐘の響く惑星で(9) (電撃文庫)…

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で8』意外なキャラクターが活躍?

フォルナム神殿編の裏番組的なエピソード 火曜日なので、ソラカネ感想の日ということで、本日はこちら。 空ノ鐘の響く惑星で(8) (電撃文庫) 作者: 渡瀬草一郎 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2017/06/24 メディア: Kindle…

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で7』フォルナム神殿編の最終章

フォルナム神殿編これにて完結 火曜日は長編ラノベ感想の日(勝手に決めた)。ということで今週もソラカネのお話。本作は2005年刊行。シリーズ七作目。フォルナム神殿編の終章にあたるお話である。 空ノ鐘の響く惑星で(7) (電撃文庫) 作者: 渡瀬草一郎 出版…

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で6』今回も次が気になる終わり方

フォルナム神殿編が展開中 今週のお題「読書の秋」、火曜日なので恒例のソラカネ感想シリーズ。 空ノ鐘の響く惑星で(6) (電撃文庫) 作者: 渡瀬草一郎 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2017/06/24 メディア: Kindle版 この商…

有川浩の第二作品「空の中」は特撮マインド全開の会心作

二作目にしてハードカバーで登場 今週のお題「読書の秋」、本日はこちら。 2004年刊行。『塩の街』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞した有川浩の第二作が本書。電撃文庫デビューの作家が、なんと二作目でハードカバーで登場である。この作家のブレイク作品…

新城カズマ「サマー/タイム/トラベラー」は夏に読みたい青春エスエフ小説

夏に読みたい時間モノ 今週のお題「読書の秋」便乗シリーズ。本日はエスエフ作品で攻めてみる。どちらかというと、タイトルの通り「夏」に読んでおきたい一作。表紙イラストの鶴田謙二が素晴らしい。 サマー/タイム/トラベラー (1) (ハヤカワ文庫JA) 作者: …

一国のお話から世界の物語へ『空ノ鐘の響く惑星で5』

三か月に一作新刊が出ていた! 今週のお題「読書の秋」ということで、本日はゼロ年代の誇る、名作ライトノベル作品、「空ノ鐘の響く惑星で」シリーズ、第五巻の感想を書いてみた。 空ノ鐘の響く惑星で(5) (電撃文庫) 作者: 渡瀬草一郎 出版社/メーカー: KADO…

秋山瑞人の二作目「鉄コミュニケイション」はノベライズの域を超えた傑作

電撃G's文庫から電撃文庫に移籍した作品 1998年刊行。鉄(くろがね)コミュニケイション。 最初は電撃文庫で、美少女系のノベライズなんかを専門に出していた電撃G's文庫から世に出ている。それがこちら。1巻なら表紙の左下、2巻なら表紙の右下にG'sのロゴが…

ここでファーストエピソード終了『空ノ鐘の響く惑星で4』

ここでお話的には一区切り なんとなく火曜日は「空ノ鐘の響く惑星で」シリーズの感想をあげる曜日になってきたので、当面はそんな感じで更新していく予定。 空ノ鐘の響く惑星で(4) (電撃文庫) 作者: 渡瀬草一郎 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メデ…

複雑な群像劇が動き始める、渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で3』

表紙絵に二人のキャラクターが登場するのがこの作品のコンセプト 空ノ鐘の響く惑星で(3) (電撃文庫) 作者: 渡瀬草一郎 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2017/06/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る シリーズ…