ネコショカ

小説以外は別ブログにしました!
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

『人獣細工』小林泰三 パッチワーク・ガールの狂おしいまでの絶望


小林泰三の第二作

1997年刊行作品。1995年に第二回ホラー小説大賞短編賞を『玩具修理者』で受賞した、小林泰三(こばやしやすみ)の第二作品集。

人獣細工

人獣細工

  • 作者:小林 泰三
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 単行本
 

文庫版は1999年に角川ホラー文庫から登場している。

人獣細工 (角川ホラー文庫)

2014年にKindle版も出ているけど、表紙デザインが変更されている?

どうやら、小林泰三の角川ホラー文庫系の作品は、電子書籍化に際して、皆、このようなテイストのカバーになっているようだ。カバーデザイナとの版権上の問題だろうか?

人獣細工 (角川ホラー文庫)

人獣細工 (角川ホラー文庫)

  • 作者:小林 泰三
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/11/29
  • メディア: Kindle版
 

あらすじ

パッチワーク・ガール。継ぎはぎ娘。それが彼女だ。実の父の狂気によって人間ならざるものと次々と臓器を交換されていく彼女。無数の傷跡に縫い込められた狂おしいまでの絶望感を描いた表題作を始め、少年の日の吸血鬼との奇妙な戦いを描いた「吸血狩り」。とある本をめぐって展開する怖ろしい呪いの連鎖を描いた「本」の二編を収録した怪奇短編集。

以下、各編ごとにコメント。

「人獣細工」

表題作がやはり一番いい。短編なので当然ネタが命ではあるわけなのだが、細かなディティールの書き込みによって全編に醸し出されるただならぬ不安感が見事。必要な情報を与えられていないというのは常に不安を誘うわけで、ホラー作品たるものいかにネタを割ることなく、情報を小出しにしながら読者ラストへ引っ張っていけるが大事なわけで、その点この作者は巧い。

「吸血狩り」

あれ?ひょっとしたらこれって本筋とは全然違う、もっと日常的なレベルの事件だったんじゃないの?というブラックな疑問が最後まで残るのが面白い。あえて、解釈の余地を残したところは、評価の別れるところかもしれないが、わたし的には好みの終わらせかた。

「本」

この作品では登場文物たちの使う関西弁が、最初のうちは事件の緊迫感を著しく削ぐのである。しかし、これはこれで読み進めていくうちに、却って怖くなっていくから不思議である。読み手は知らず知らずのうちに、危険な領域に入り込んでしまい、ゾッとさせられてしまうのだ。怖えー。

人獣細工 (角川ホラー文庫)

人獣細工 (角川ホラー文庫)

  • 作者:小林 泰三
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 文庫
 

その他の小林泰三作品の感想はこちらからどうぞ。

www.nununi.site