ネコショカ

小説以外の書籍感想はこちら!
『ヤンキーと地元』打越正行
暴走族研究のため20年パシリとして潜入!

東京の美しい本屋さん33店舗をマップ化!


書店マップ企画の第三弾

新型コロナウイルス蔓延、ついに第六波が到来。ということで、再び(というか何度目かわからんが)、引きこもり生活を強いられている方も多いのでは?

ということで、久しぶりに書店マップ企画をお届けしたい。って、外に出られないこのタイミングでリアル書店の話をしても……。というツッコミもあるかとは思うのだが、今回のコンセプトは「東京の美しい本屋さん」なので、ウェブで見て少しでも和んでいただければと。コロナが落ち着いたら、是非、現地を訪れていただきたい(わたしも行きたい!)。

ちなみに、これまでに作ってきた書店マップ記事はこちら。

『東京の美しい本屋さん』33店舗をマップ化!

今回は株式会社エクスナレッジから刊行されている『東京の美しい本屋さん』から、書店情報をピックアップさせていただいた。Googleマップのマイマップ機能を使ってマップ化を行っている。

東京の美しい本屋さん

今回は「東京の」となっているので、セレクトされているのは一店舗(鎌倉のメッゲンドルファー)を除いて、すべて東京都内の書店となっている。遠方の方、ごめんなさい。

分布的には都心部と、やはり中央線沿線が強いという印象。中央線沿線のサブカル基盤の強さは依然として健在といった感じ。うらやましい。

アイコンの色は黄色が現在営業中の店舗29店。そしてオレンジが、残念ながら営業を終了してしまった店舗4店となっている。この書籍は2019年の刊行と、それほど古いものではないのだが、それでも発売からわずか二年で掲載されているうち、1割強の店舗が閉店。コロナ禍が書店営業に与えた影響の大きさを感じてしまう。

『東京の美しい本屋さん』掲載店

『東京の美しい本屋さん』では「美しい」をコンセプトにセレクトされており、ビジュアル的に洗練された素敵な店舗ばかりが収録されている。各店舗の写真も豊富に掲載されており、それぞれの個性が居ながらにして体験できる構成となっている。

掲載されているのは以下の33店舗。追える限り各店舗のリンクを貼ってみたので、気になる方はチェックしてみていただきたい。格好いい書店は、ホームページも素敵なのだ。なお、店舗名の後ろにある()は最寄駅ね。

こちらの4店は残念ながら閉店となってしまっている。ただ、オンライン書店として、営業を継続されている店舗もあるので、気になる方はそれぞれのリンク先で確認して頂きたい。

東京の美しい本屋さん

『東京の美しい本屋さん』ライターさんが濃ゆい

最後になったが、『東京の美しい本屋さん』を書かれた方のご紹介。筆者の田村美葉(たむらみは)は1984年生まれ。エスカレーターマニアと知られ、専門サイト、東京エスカレーターの運営者としても知られている方(このサイトスゲーよ)。

なんと本まで書いている!この本めっちゃ楽しそう。

すごいエスカレーター

他著書としてこんな作品も。「ひとりたび」のハウツー本か?これも読んでみたいな。

読書にお役立ち系の記事はこちらから