ネコショカ

夜20時更新。雑食系の書評Blogです。
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

『撲殺天使ドクロちゃん4』おかゆまさき 修学旅行編のテンションがヤバすぎる


ドクロちゃんシリーズの第四作

2004年刊行。シリーズ四作目。メディアワークスの小説誌「電撃hp Special 2004 Spring」に掲載された二作に、書き下ろしを二作追加して文庫化したのが本書である。雑誌発表作二本に、書き下ろし二本加えてっていうのがドクロちゃんの基本刊行スタイルらしい。

撲殺天使ドクロちゃん(4) (電撃文庫)

2004年は「電撃コミックガオ」でコミック版(最初のやつ)の連載もスタート。地道にドクロちゃん人気が高まり始めた頃合いなのである。

おススメ度、こんな方におススメ!

おすすめ度:★★★(最大★5つ)

ギャグ系のライトノベルが好きな方。ドクロちゃんに撲殺されてみたい方。

著しく読み手を選ぶ作品だけど、ハマるひとはメチャハマる作品。

あらすじ

毎日が波瀾万丈な桜クンの学園生活。バレンタインデーで撲殺され、満開の桜の下で撲殺され、そして聖ゲルニカ学園の一大イベント、修学旅行でも案の定撲殺されていく主人公。京都で繰り広げられるスプラッターなイベントの数々。清水寺、映画村、そして夜の旅館で……、桜クンの輝ける青春の一コマ一コマを丹念な筆致で綴る抒情巨編(嘘)。

 

↓ここからネタバレ

テンションの高さが半端ない!

この巻で遂に桜クンが、というか作者自身がはじけ飛んでしまったようで、修学旅行編のテンションの高さのありえ無さは屈指のクオリティ。「びんかん侍」と「夜仮面」はホントに最高。読んでいて涙が出そうだった。こうなったら、このまま更に加速して行くところまで突き抜けて欲しい。着地で激しく転けても責めないから。

この作品、各所に散りばめられた小ネタの数々もフォローしておかなくてはなるまい。一巻では「家無き子サバトちゃん」二巻では「撲殺教師ドクロ先生!!」三巻では「撲殺通信ドクロニュース」そして本巻では「きみとボクのルルティエ星座占い」と編集者の気合いが感じられて(もう止めるに止められないのかもしれないが)何気に好感度大なのだ。

章ごとに必ず入っているミニイラストも本編と全然関係無いところが逆にポイント高かったりして。本編同様、小ネタでも笑いをとり続けて欲しいものである。

撲殺天使ドクロちゃん(4) (電撃文庫)

撲殺天使ドクロちゃん(4) (電撃文庫)

 

ドラマCDだよドクロちゃん

毎回、ドクロちゃんシリーズのメディアミックス展開をご紹介してるが、今回お届けするのはドラマCDである。ドクロちゃんのドラマCDは二種存在している

撲殺天使ドクロちゃんドラマCD

2004年に登場した最初のドラマCD。アニメ化に先立って発売されたため、キャスティングがまったく異なっているのがポイント。主なキャストは以下の通り。

桜くん:桑島法子
ドクロちゃん:堀江由衣
ザクロちゃん:柚木涼香
サバトちゃん:國府田マリ子
ザンス:西脇保
静希ちゃん:相沢舞

ドラマCDだよドクロちゃん

2005年に登場。この年にアニメ版(1期)が始まっており、キャストはそちらに倣っている。2004年版のドラマCDと全くキャスティングが違うので、当時はビックリしたものである。キャストは以下の通り。

桜くん:高木礼子
ドクロちゃん:千葉紗子
サバトちゃん: 釘宮理恵
静希ちゃん:川澄綾子