ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

『鴉(からす)』麻耶雄嵩 メルカトル鮎が格好いい!!


「本格ミステリ・ベスト10」で第1位!

1997年刊行作品。1998年版の「このミステリーがすごい!」の国内編で16位、「本格ミステリ・ベスト10」では1位に輝いた作品である。銘探偵メルカトル鮎が登場する長編作品としては、1991年の『翼ある闇』、 1993年の『夏と冬の奏鳴曲』、1995年の『痾』に続く四作目の作品ということになる。

ちなみにこの年は『メルカトルと美袋のための殺人』も「本格ミステリ・ベスト10」にて5位にランクインしており、麻耶雄嵩(まやゆたか)的には多いに充実した年だったのではないだろうか。

鴉

 

その後、1999年に幻冬舎ノベルス版が登場。

翌、2000年には幻冬舎文庫版が刊行された。

鴉 (幻冬舎文庫)

おススメ度、こんな方におススメ!

おすすめ度:★★★(最大★5つ)

ちょっと変わった本格ミステリを読んでみたい方、変人系の名探偵(メルカトル鮎)が好きな方におススメ!

あらすじ

弟・襾鈴(あべる)の死の謎を追って地図にない村を訪れた兄・珂允(かいん)。その村は大鏡様と呼ばれる生神に支配され、外界に対して完全に門を閉ざした異郷だった。空を覆い尽くす鴉の群れ。蔵の中の人形。不可思議な五行思想。そして始まる殺戮劇。メルカトル鮎が明らかにする戦慄の真実とは。

麻耶作品「らしさ」をとことん楽しめる

主人公の名前からして麻耶作品。外界から閉ざされた異郷のムラ。村人の普段着は和服だし、車も無ければ電話も無い、ここは日本のどこなんだあ!っていう突っ込みは本作には全く的外れなのでやめておく(やってるじゃん)。ふんだんに散りばめられた妖しげな意匠の数々と、どっか別の世界へ逝っちゃってる主人公。麻耶作品たるもの、こうでなくてはなるまいよ。

↓ここからネタバレ

綺麗な幕の引き方

ラストには『春と夏の奏鳴曲』のような奇跡的力技を期待していたのだが、意外にも常識的な範囲の中で物語は結実。しかしとても奇麗な着地を見せてくれた。端正に良くまとまった秀作なのであった。作者もキャリアを積んで成長してきたということだろうか。しかし今回のメルカトル。あいかわらずなんだか良くわからないんだけど、かつてない格好良さ。イカしてる。

鴉 (幻冬舎文庫)

鴉 (幻冬舎文庫)

  • 作者:麻耶雄嵩
  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: Kindle版
 

その他の麻耶雄嵩作品の感想はこちらからどうぞ!

www.nununi.site