ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

『関ヶ原連判状』安部龍太郎 直木賞作家の出世作


安部龍太郎のブレイク作品

1996年刊行作品。作者の安部龍太郎(あべ りゅうたろう)は1955年生まれ。1987年にデビューして、ほぼ一貫して歴史小説の書き手として活躍している。2012年には織豊政権下で活躍した絵師、長谷川等伯の生涯を描いた『等伯』で直木賞を受賞。これはキャリア25年目での栄冠であった。

本日ご紹介する『関ヶ原連判状』は安部龍太郎の出世作である。

関ケ原連判状

関ケ原連判状

  • 作者:安部 龍太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本
 

新潮文庫版は1999年に刊行。文庫から上下巻に分冊されている。

関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)

関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)

  • 作者:安部 龍太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1999/11
  • メディア: 文庫
 
関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)

  • 作者:安部 龍太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1999/11/01
  • メディア: 文庫
 

その後2011年に集英社文庫版が登場。

関ヶ原連判状 上巻 (集英社文庫) 関ヶ原連判状 下巻 (集英社文庫)

あらすじ

天下分け目。戦国の総決算関ヶ原の決戦を前に、西軍にも東軍に与せず、独自の道を模索する男がいた。和歌の正統を受け継ぐ「古今伝授」を切り札に、謀略の限りを尽くして両巨頭に挑む細川幽斉。圧倒的な大軍を前に孤軍奮闘する幽斉。そして最後の切り札「連判状」とは……

細川幽斉目線での関ケ原合戦が面白い

関ケ原合戦は日本史上屈指の大戦であったが、東西両軍さまざまな武将が権謀術数の限りを尽くした。その中で異彩を放っているのが、細川幽斉である。武将でありながらも、「古今伝授」の秘伝を受け継ぐ幽斉は、自身の希少価値を喧伝して関ケ原合戦で独自の存在感を示そうとする。関ヶ原合戦モノが大好きなわたしとしては、こういうお話は大好物。

ちなみに「古今伝授」とは、

勅撰和歌集である古今和歌集の解釈を、秘伝として師から弟子に伝えたもの。狭義では東常縁から宗祇に伝えられ、以降相伝されたものを指す。

古今伝授 - Wikipediaより

であり、本来は公家の三条家が受け継ぐものであったが、たまたま当時の当主が幼少であったため、細川幽斉が一時的に伝授を受けていたのである。

主人公の薄さが……

しかしこの話、とても残念ことに主人公が薄い。これだけの長編の看板背負って主役を張るにはキャラが弱すぎるのが惜しい。何ゆえに幽斉はこれほどの大事を家中の人間でもない一傭兵に託すのか、作劇上の都合とはいえ、もちっと納得のいく設定を考えて欲しかった。

古今伝授を関ヶ原に絡める発想は秀逸で期待していたのに、尻すぼみな展開。連判状のオチも残念度高めで、終盤は劇的にトーンダウンしてしまうのであった。序盤のわくわく感が最後まで維持できれば……。ネタは良いだけにもったいない。

関ヶ原連判状 上巻 (集英社文庫)

関ヶ原連判状 上巻 (集英社文庫)

  • 作者:安部 龍太郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 文庫
 
関ヶ原連判状 下巻 (集英社文庫)

関ヶ原連判状 下巻 (集英社文庫)

  • 作者:安部 龍太郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 文庫
 

その他の歴史小説の感想はこちらからどうぞ

www.nununi.site