ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

『 ジャガーになった男』佐藤賢一 戦国時代の武士がスペインに!


佐藤賢一のデビュー作

1994年刊行作品。第6回小説すばる新人賞受賞作で、佐藤賢一のデビュー作である。もう四半世紀も前の作品かと思うと、なかなかに感慨深い。

佐藤賢一は1968年生まれ。山形大学卒業後、東北大学文学の大学院へ進学。本作は同院在学中に受賞の運びとなっている。

ジャガーになった男

ジャガーになった男

 

集英社文庫版は1997年に登場している。って、20年以上も前の作品だからか、Amazon先生の書影が小さい。こういうのなんとかならないのかな。

ジャガーになった男 (集英社文庫)

あらすじ

伊達藩士・斉藤小兵太寅吉は熱い血のたぎりをもてあまし、故郷を捨て、許嫁を捨て、冒険を求めて支倉常長遣欧使節に参加。イスパニアに渡った。そこで出会った一人の女が寅吉の運命を変えた。帰国を拒みイスパニアの戦士(イダルゴ)として自ら運命を切り開いていく寅吉だったが、次第に時代の流れから取り残されていく。

戦国時代の武士がスペインに!

佐藤賢一作品は『傭兵ピエール』や『王妃の離婚』を先に読んでしまったが、こちらの作品が一番最初に刊行されたもの。戦国時代の伊達家の武士が、支倉常長遣欧使節の一人としてスペインに渡っていた!あいかわらずサトケンの作る設定はとても魅力的。どこまでが史実なのかわからない。虚実を織り交ぜて、見てきたような嘘を綺麗な物語に構築していく力技はこの当時から健在なのであった。

ただ、さすがに、デビュー作だけあって、粗削りで、ストーリー展開も強引。さすがにその展開は無理がありすぎるのはご愛嬌といったところか。佐藤賢一作品の主人公の宿命とはいえ、性欲旺盛なのもちょっと度が過ぎていてちょっとこれは引く。

これを武士(もののふ)の生き様と言ってしまえば格好いいのかもしれないけど、おいおい、それで本当にいいのかお前は!と突っ込みを入れたくもなってしまうのであった。

ジャガーになった男 (集英社文庫)

ジャガーになった男 (集英社文庫)

 

なお、関係ないけど、戦国時代の武士がヨーロッパに渡っていた!って設定は、やはり魅力的であるらしく、現在こんな作品がアフタヌーンに連載されている。こちらは30年戦争時代のドイツを舞台とした物語。既に17世紀入っているので、刀よりも鉄砲を主要な得物として使うのが面白い。

イサック(1) (アフタヌーンコミックス)

イサック(1) (アフタヌーンコミックス)

 

その他の佐藤賢一作品の感想はこちらからどうぞ。

www.nununi.site