ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

皆川博子『聖女の島』と綾辻・有栖川復刊セレクション


綾辻・有栖川復刊セレクションからの一冊

もともとは1988年に刊行された作品だが、2007年に講談社ノベルズ25周年記念「綾辻・有栖川コレクション」の一冊として復刊された。

同コレクションは、綾辻行人、有栖川有栖の両名の選による十二作品。これまでに刊行されてきた講談社ノベルズの諸作品の中から、埋もれてしまった名作を発掘して再び世に問い直していこうという企画であった。

聖女の島 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

順番が前後するが、講談社文庫版は1994年に登場している。

聖女の島 (講談社文庫)

聖女の島 (講談社文庫)

 

 

あらすじ

とある修道会によって孤島に建設された、少女のための更正施設。そこには窃盗、売春、恐喝、傷害、数々の犯罪を犯した少女たち31人が収監されていた。反抗的な彼女らに手を焼く大人たち。島を抜け出そうとして海に溺れた者が3人。ところが何度数え直しても少女達の数は31人と変わらなかった。隔絶した環境下で起きる異常事態の真相とは。

閉鎖環境に集められた理由ありのこどもたち

当時の購入動機としては解説が恩田陸だったから。

閉鎖環境にいわくつきの少女達が集められている。なんとなく『麦の海に沈む果実』っぽいイメージではないか。とはいっても、同作に登場する残酷ながらもノーブルな子供達に較べると、こちらはかなり蓮っ葉な子たちだなという印象は拭いがたく、それぞれの個性も弱い。『麦の海に沈む果実』のようなものを求めて読んでいくと期待を裏切られる。200ページも無いような中編程度のボリュームなので、それぞのキャラクターを掘り下げる手間もかけられなかったかな。

斬新(当時としては)なトリックだった

復刊の理由として当時としてはこのトリックは斬新だった、ってあたりが評価されているようだ。しかし、いざ読んでみると冒頭の一章だけで、内容が予想出来てしまうのでちょっと厳しい。最近の皆川博子だったら、遥かにもっと上手く書けるだろう。

とはいえ、退廃的でエロティカルな空間。そこはかとなく滲み出てくるヒロインの異常性。次第に現実から乖離していく物語の横滑り感は現在の作風へとつながる部分かもしれない。

綾辻・有栖川復刊セレクションはこちらの十二作

おまけ。せっかくなので綾辻・有栖川復刊セレクションのラインナップ、全十二作をご紹介しておこう。1980年代前半~1990年代前半にかけて刊行された、バラエティに富んだ懐かしの名作の数々である(といっても、半分くらいしか読んでいないけど)。

わたし的なイチオシは何と言っても、井上雅彦の『竹馬男の犯罪』である。この話、ホントに大好き。ネタバレになってしまうので、具体的な感想は差し控えるが、本格ミステリ好きなら是非一度読んでいただきたい作品である。井上雅彦、時々でいいからこういうのもまた書いて欲しい。

辻真先『急行エトロフ殺人事件』

急行エトロフ殺人事件 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

急行エトロフ殺人事件 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

竹本健治『狂い壁 狂い窓』

狂い壁 狂い窓  綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

狂い壁 狂い窓 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

連城三紀彦『敗北への凱旋』

敗北への凱旋  綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

敗北への凱旋 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

都築道夫『新 顎十郎捕物帳』

新 顎十郎捕物帳 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

新 顎十郎捕物帳 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

戸川昌子『火の接吻 キス・オブ・ファイア』

火の接吻 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

火の接吻 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

多島斗志之『<移情閣>ゲーム』

<移情閣>ゲーム  綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

<移情閣>ゲーム 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

皆川博子『聖女の島』

聖女の島 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

聖女の島 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

 阿井渉介『列車消失』

列車消失 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

列車消失 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

中西智明『消失!』

消失! 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

消失! 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

江坂遊『仕掛け花火』

仕掛け花火 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)

仕掛け花火 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

今邑彩『金雀枝荘の殺人』

金雀枝荘の殺人 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)

金雀枝荘の殺人 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)

 

井上雅彦『竹馬男の犯罪』

竹馬男の犯罪 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)

竹馬男の犯罪 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)