方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

有川浩のデビュー作「塩の街」と終末モノのお作法

有川浩のデビュー作は 電撃ゲーム小説大賞受賞作品

2004年刊行。第10回電撃ゲーム小説大賞の大賞受賞作品。今をときめく有川浩(ありかわひろ)のデビュー作だ。刊行当時、イラストが微妙に好みに合わず、評判の良さは聞きながらも手を出すのを躊躇っていた作品。しかしながら第二作である『空の中』の世間的評価は、更に高かったので、とうとう二冊まとめて購入してしまった次第。

塩の街―wish on my precious (電撃文庫)

塩の街―wish on my precious (電撃文庫)

 

あらすじ

突如人類を襲った大災厄。人体を蝕み、その組成を塩に変えてしまう謎の現象「塩害」。瞬時に数百万人が塩の柱と化し、社会基盤は崩壊。辛うじて生き延びた人々も、いつ訪れるとも知れない「塩害」感染への恐怖に怯える毎日を送っていた。両親を失った少女真奈と、成り行きから彼女を拾った秋庭。終末へと加速する時の中で、彼らが見ることになる様々な人間模様とは?

終末モノだけど……

この話、前半と後半でガラリと雰囲気が変わる。前半は滅びの日を迎えつつある世界の中で、主人公たちの前を通り過ぎていく人々の最期の時間を描いた連作短編。オールドなエスエフファンとしては新井素子の『ひとめあなたに… (創元SF文庫)』 や神林長平の短編「抱いて熱く」(『小指の先の天使 (ハヤカワ文庫JA)』 収録)を足して二で割ったような印象を受けた。終末小説大好きさんな自分としてはここまでは大満足。

これでどう落とし前を漬けるのか、後半への期待は高まるところなのだが、なんとこの二人、世界を救うために自らの命を賭して運命に立ち向かってしまう。あまりに健全過ぎる展開に激しく脱力した。えー、なんなんすかそれ!しかも作戦に成功して完膚無きまでに美しいハッピーエンドまで勝ち取ってしまう。完璧すぎるよ。

それでも最後に秋庭が死んでしまうとか、真奈の掌が塩化!みたいな救われない展開があれば納得も行くのだけれども、物語はあくまでも清く正しく美しく前向きに完結。大部分の読み手に取ってはこれで正解なのだろうが、ひねくれ者としてはこの展開は受け入れがたい。前半の重苦しい閉塞感がたまらなく魅力的であっただけに物足りなさが強く残る。まあ、趣味が悪いと言ってしまえばそれまでなのだけど。終末小説のお作法としてはどうなのよと思ってしまうのであった。