ネコショカ

夜20時更新。雑食系の書評Blogです。
採用されると原稿料が貰える!
ブックレコメンドへの寄稿始めました

『西の善き魔女外伝1 金の糸紡げば』荻原規子 いちばん初めの物語


「西の善き魔女」シリーズの外伝作品

2000年刊行。『西の善き魔女』シリーズ一冊目の外伝作品である。

本編は第五巻である「闇の左手」でいちおうの完結を見ているのだが、「西の善き魔女」シリーズその後、三作の外伝が書かれている。

西の善き魔女 外伝1 金の糸紡げば (C★NOVELSファンタジア)

西の善き魔女 外伝1 金の糸紡げば (C★NOVELSファンタジア)

  • 作者:荻原規子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/03/28
  • メディア: Kindle版
 

2002年に刊行された愛蔵版(全五巻)では第3巻に「金の糸紡げば」のエピソードは収録されている。

西の善き魔女〈3〉世界の扉の巻

西の善き魔女〈3〉世界の扉の巻

  • 作者:荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本
 

2005年に中公文庫版が登場しているのだが、こちらは「第七巻」として登場している。なぜ刊行順を変えたのであろうか?

西の善き魔女〈7〉金の糸紡げば (中公文庫)

 そして2014年刊行の角川文庫版では本編、外伝の区別がなくなり、全八巻構成の第六巻として「金の糸紡げば」が登場している。

西の善き魔女6 金の糸紡げば (角川文庫)

西の善き魔女6 金の糸紡げば (角川文庫)

  • 作者:荻原 規子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/07/25
  • メディア: Kindle版
 

あらすじ

さいはての地セラフィールド。荒れ野にそびえる天文台と傍らの小さな家。無愛想な父と、親切なホーリー夫婦。八歳の少女フィリエルにとってはそれが世界の全てだった。しかし一人の少年の存在が彼女の平穏な日々を脅かしていく。ホーリーの旦那さんが連れてきた少年ルーンはとんでも無い変わり者だった。すれ違い続ける幼い二人。セラフィールドの一年が静かに過ぎていく。

実はこれが一番最初の話

フィリエルとルーンの子供時代を描く。時系列的にはこれが一番最初のお話だろう。本編よりも更に前。フィリエル八歳の物語。なんとなく『嵐が丘』風味。キャサリンとヒースクリフをちょっとはイメージしているのだろうか。荒れ野セラフィールドの自然描写が美しく、ほんとうの物語が始まる前の静かで豊かな時間がゆったりと流れている感じが巧く書けている。

フィリエルは子どものころから変わってない

もっともフィリエルは子供の頃からお転婆が過ぎる少女だったようで、考えるよりも前に行動を始めてしまう瞬発力が凄まじすぎる。突拍子もない衝動的な行動の数々には頭を抱えそうになった。この年でこれなら確かにこの後の武勇伝の数々も成るほどなと頷ける。本編で描かれることが少なかったディー博士の出番が多いのが見所といえば見所。この人、これから再登場の可能性はあるのだろうか。

西の善き魔女〈7〉金の糸紡げば (中公文庫)

西の善き魔女〈7〉金の糸紡げば (中公文庫)

  • 作者:荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/10/01
  • メディア: 文庫
 

おまけ:コミカライズ版もある

桃川春日子によるコミカライズ版が存在する。全七巻+外伝一巻構成。尺的のこの冊数では物語を消化しきれておらず、収まり的に少々苦しいのが難点。

外伝については原作の外伝第二巻に相当する「銀の鳥プラチナの鳥」のエピソードが使われている。

西の善き魔女 1巻 (コミックブレイド)

西の善き魔女 1巻 (コミックブレイド)