基本ネタバレありなので注意してね。
現在試行錯誤中につき、デザインころころ変わってます
しばらくしたら落ち着くと思うのでご容赦下さいませ

平山瑞穂の三作目はまさかの糖尿病小説『シュガーな俺』

自身の体験を元にした糖尿病小説!

2006年刊行。『ラス・マンチャス通信』『忘れないと誓ったぼくがいた』に続く、平山瑞穂の三作目。

帯のコピー曰く、なんと世界初の糖尿病小説らしい。33歳の若さで糖尿病と診断されてしまった作者自身の経験に基づくオートフィクション(自身について書かれた小説)なのだそうだ。

シュガーな俺

シュガーな俺

 

2009年に新潮文庫版が刊行されている。

シュガーな俺 (新潮文庫)

シュガーな俺 (新潮文庫)

 

あらすじ

平凡な会社員であった片瀬は、急激な体重減少と異常な喉の渇き、倦怠感を覚え遂に内科医の診断を受ける決意をする。その結果は重度の糖尿病。二週間の緊急入院。そして更なる二週間の教育入院で、片瀬は糖尿病患者としての生きるノウハウを学んでいく。しかし、それは長きにわたる闘病生活のはじまりに過ぎなかった。

読んでいると他人事ではない気がしてくる

糖尿病と言えば、肥満体の中高年がよくかかる成人病というイメージを持っていたが、この作品の主人公は痩せ形体型。しかもまだ三十代前半だ。従弟に糖尿病罹患者がいるわたしとしては、まったく油断が出来ないではないか!

本作は糖尿病の診断を受けてしまった主人公が、妻の助けを得ながら涙ぐましい節制生活を送り、幾たびかの破綻を迎えながらも糖尿病との折り合いをつけ、生きていく目処をつけられるようになるところまで描いていく。

実用性のあるノウハウ小説としての面白さ

糖尿病の教育入院ではどんなことをするのか、経験に基づく献立メモ(コピー可となっている)、インスリン注射の打ち方、糖尿病に関しての医療体制の実情等々、とにかく知らないことばかりなのでその点は実に面白い。実際に、役に立っている方もいそうな気がする。

医療系の内容ではあるものの、小説仕立てになっているので読みやすい。糖尿病の恐ろしさを知ることが出来る良書と言えるだろう。しかし、小説として盛り上げるためなのだろうけど、浮気相手とのお色気シーンは余計なのでは?ちょっとあざといのではと感じさせられた。このエピソードまでもが実話だったらスゴイと思うけど。その辺はどうなんだろうね。

Kindle版がおススメ

なお、本書のKindle版はKindle Unlimited対応(2018/12/6現在)なので、登録されている方はすぐに読めるのでおススメである。