ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

姫ちゃん登場巻!『クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子』西尾維新


戯言シリーズの三作目

2002年刊行。ボリューム的には少しダウンして200頁弱。前作の半分程度である。

今回のヒロインはロリ系美少女の紫木一姫(ゆかりきいちひめ)。アルトリコーダー振り回している段階で激しくロリ度アップ(個人の見解である)。確実にクリティカルな萌えツボ突いてくる西尾維新。侮れない。

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

文庫版は2008年に登場している。巫女子ちゃん同様、竹のイラストタッチがかなり変わっていて、姫ちゃんじゃないように見える。ノベルス派的にはかなりの違和感。

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)

 

あらすじ

人類最強の請負人、哀川潤の魔の手にハマリ、私立澄百合女学園への極秘潜入を命じられた「いーちゃん」。首吊高校の異名を持つこの学園から、ある女生徒を救出することが目的だ。無事に保護対象である紫木一姫に出会うことが出来たが、次から次へと現れる刺客が戯言遣いを追いつめる。学園の秘密とは?最強の暗殺者ジグザグとは何者なのか。

この巻からミステリではない別のなにかに

ミステリ的な流れからは完全に脱却して、西尾維新的なハチャメチャ学園アクションが展開するのが本作である。いくらなんでもそんな奴、日本にいないだろ、ってなツッコミはもう野暮なのだ。日本刀を振り回す<<策士>>萩原子荻。忍者スタイルの<<闇突>>西条玉藻。そして最強の糸遣い<<ジグザグ>>。この荒唐無稽な世界をここは素直に楽しんでおくのが勝ち組だ。どの登場人物もキャラが濃くて素晴らしい。

テーマ的には自分の居場所探し

戦い続け、屍体の山を築くことでしか、自らの存在を表現出来なかったジグザグ。その悲劇を相変わらず「僕は関係者じゃありません」的な態度で生暖かく見守る「いーちゃん」。この無関心振りが、ワカモノ層の共感を呼んでいるのではなかろうか。深入りしなければ自分は傷つかないで済むわけだが、自分に火の粉が飛んできたときに戯言遣いはどう対応するのか、少しずつ彼の秘密が見えてきたところで、この先の展開に期待したい。

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)