方向模索中の本読みBlog

書評Blogの予定だけど、現在方向性模索中。基本ネタバレありなので注意してね。

閉ざされた島で起きる猟奇殺人、小野不由美「黒祠の島」を読む

明治の寺社統制に背いた島の物語

黒祠の島 (新潮文庫)

黒祠の島 (新潮文庫)

 

2001年刊行作品。まずは祥伝社のノン・ノベルから新書で出て、2004年に祥伝社文庫版。続いて2007年に新潮文庫版がリリースされている。現在入手しやすいのはこれかな。2005年には山本小鉄子によってコミカライズもなされている模様(未読)。

出た当時は「十二国」シリーズの新作かとばかり思っていたところで、全然違う話だった。どちらかというと「ゴーストハント」の方が近いかな。

黒祠とは明治初期の神社統制に従わず、民間の信仰として残った社のこと。明治期には民間信仰に基づいた多くの小祠が国家政策の名の下に統廃合されていったらしいので、確かにこんな神社があってもおかしくない。ましてや離島ならなおさらのこと。神社フリークであるわたしとしては期待は大いに高まる。

あらすじ

その島の名は夜叉島。現在では平凡な名前にその名は変えられてしまったが今でも土地の古老はそう呼ぶ。島中を風車と風鈴が覆い尽くすこの小さな島で、作家の葛木志保が失踪した。彼女の足跡を辿って島を訪れた式部剛だったが閉鎖的な島民たちは言を左右して容易に真実を語ろうとしない。やがて式部は猟奇的な殺人事件がこの島で起きていたことを突き止めるのだが……

『屍鬼』好きにはおすすめ、あともう少し

帯には1949年『獄門島』1987年『十角館の殺人』そして…、なんて惹句が書いてあるのだけれど、十角館はともかくとして(旦那の本だけど)、雰囲気は確かに獄門島に近い。本作もまた閉鎖社会の因習や土俗的な信仰から生まれた物語なのだ。小野作品の例に漏れずかなりの長編なのだけれども飽きずに最後まで読ませます。特にストーリーが二転三転する後半は読み応えあり。ラストの暗転は相変わらずお見事で全く予想外。浅緋の登場には本当にゾクゾクするような戦慄を味あわせてもらいました。

が、惜しむらくは主人公が弱い。異常に神社に詳しいのは作劇上のご愛敬としても、なぜ仕事上の友人でしか無い人間の事件にここまで首を突っ込むのか、事件を追い続けるだけの明確な動機が描かれないので、逆に何かあるんじゃないかと勘ぐってしまいました。主人公の内面をもっと抉って欲しかった。

『屍鬼』までとは言わないが、もっと長い話になってもいいから徹底して書き込んで欲しかった。主軸としたかったであろう「罪と罰」の構図がどうも鮮明に浮かび上がってこなかったのも惜しい。

最後に出版社の人にお願い。登場人物一覧(系図付き)を載せといてください。『屍鬼』程じゃないけれど本作も登場人物が多く、しかも血縁関係ぐちゃぐちゃです。何度もこの人誰だっけと悩んでしまったよ。