ネコショカ

毎日夜20時更新。ネコショカは猫の書架
雑食系の書評Blogです。なんでも節操なく読んでます
基本ネタバレありなので注意してね

『悪霊なんかこわくない』小野不由美、最初期の作品をご紹介


X文庫時代の小野不由美作品のレビューを書いてみる

先日、帰省した際に実家の本棚を片づけていたところ、初期の小野不由美作品を多数発見した。これは手元に置いておくべきだろうと、自宅に持ち返って来た。1980年代後半から、1990年代に刊行された作品群である。

初期小野不由美作品

せっかくなので、一通り再読して感想をあげていく予定。「悪霊シリーズ」については、未読の新装版も併せて読んでみるつもり。

というわけで、本日、最初にとりあげる一冊は『悪霊なんかこわくない』である。

昭和最後の小野不由美作品

Amazonデータでは1988年12月とあるが、奥付的には1989年1月5日刊行となっている。昭和は1989年の1月7日で終了するため、いずれにしても本作は昭和の最後にリリースされた小野不由美作品であると言える。

本作は『バースディ・イブは眠れない』『メフィストとワルツ!』に続く、小野不由美の三作目の作品である。今は亡き講談社X文庫ティーンズハートからのリリースとなる。

悪霊なんかこわくない

いまとなっては「講談社X文庫ティーンズハート」って何?と思われる方々もいるかもしれないので、カンタンに説明しておこう。

講談社X文庫ティーンズハート

講談社X文庫ティーンズハート(こうだんしゃエックスぶんこティーンズハート)は、講談社が発行していたライトノベル系・少女小説系の文庫レーベル。

概要
当初、講談社はタレント本やノベライズを中心とする講談社X文庫のレーベルを持っており、そのサブレーベルとして1987年に創設されたのがティーンズハートである。コバルト文庫に比べてやや低めの年齢層をターゲットとし、改行を多用する読みやすい文体の作品が多かった。

講談社X文庫ティーンズハート - Wikipedia より

講談社から発売されていた、女性向けのライトノベルレーベルであり対象年齢は10代前半(小学校高学年~中学生くらい)。背表紙はピンク(一番上の写真の左側の方)。ヒロインによる一人称進行と、改行の超絶多用が特徴的なレーベルである。

ちなみに、これがもう少し対象年齢高めになったのがホワイトハートレーベル(写真右側の方)だが、こちらは未だ現役で稼働中。十二国記シリーズがここから出ているから、小野不由美ファンならご存知だよね。

 

あらすじ

杳(はるか)は姉の嫁ぎ先である田舎の旧家、磯川家を訪れていた。久しぶりに再会した姉は酷くやつれており、かつての健康的で快活だった姿とは程遠く、杳は衝撃を受ける。屋敷を徘徊する謎の少年。金縛り。次々に起こる怪奇現象。その陰には、磯川家がかつて起こした陰惨な事件が隠されていた。

「悪霊シリーズ」に先行する習作的な作品

『悪霊なんかこわくない』とタイトルに「悪霊」とあるが、本作は「悪霊シリーズ」ではない。快活な少女杳と、美形だが愛想のない少年蓮との組み合わせは、後の麻衣やナルに受け継がれており、本作は「悪霊シリーズ」の先駆、習作的な作品と捉えることが出来る。

霊的現象を取り扱ったホラーサスペンスでありながら、ミステリ的な謎解き要素も含んでいるという点も「悪霊シリーズ」に受け継がれている部分と言えるかな。

 

悪霊なんかこわくない (講談社X文庫―ティーンズハート)

悪霊なんかこわくない (講談社X文庫―ティーンズハート)

 

小野不由美の「講談社X文庫ティーンズハート」作品は全10作(11冊)

ちなみに「講談社X文庫ティーンズハート」時代の小野不由美作品の一覧がこちら。

『バースデイ・イブは眠れない』(1988年9月)
『メフィストとワルツ!』(1988年12月)
⇒女子校生夕香を主人公としたサスペンスタッチの恋愛モノ

『悪霊なんかこわくない』(1989年1月) ※今回紹介している作品
⇒悪霊シリーズに先行する習作的なホラータイトル

『悪霊がいっぱい!?』(1989年7月)
『悪霊がホントにいっぱい!』(1989年10月)
『悪霊がいっぱいで眠れない』(1990年2月)
『悪霊はひとりぼっち』(1990年8月)
『悪霊になりたくない!』(1991年2月)
『悪霊とよばないで』(1991年9月)
『悪霊だってヘイキ!』上・下(1992年8月/9月)
⇒「悪霊シリーズ」。その後、メディアファクトリーから全面改稿された新装版が登場。

この中では『メフィストとワルツ!』のみ未読かつ未入手。1990年代に相当探したのだが、これ一冊だけはどうしても見つけられなかった。仕方ないから国会図書館にでも行って読もうかな。